謎だらけのUMAラムトン・ワームとは? コブラのような頭の「ネッシーのライバル」

 未確認生物の代表格と言えばネス湖のネッシーだが、イギリスには他にもネッシーに似た大型の水棲未確認生物の目撃事例が存在している。ネス湖に近いスコットランドのモラー湖に住むというモラーグやペイステなど複数いるが、「ネッシーのライバル」というあだ名で呼ばれたのがイングランドはダラム州ハートリプールのウェア川で目撃されたという「ラムトン・ワーム」だ。

謎だらけのUMAラムトン・ワームとは? コブラのような頭の「ネッシーのライバル」の画像1
画像は「DAILY STAR」より引用

 1879年10月4日午前7時、ウェア川の河口付近に建つジャクソン・ドックに奇妙な生物の死体が漂着した。地元紙のノーザン・デイリーメールによれば、死体は港湾労働者たちが発見したそうで、全長約3.2メートルで暗褐色のぬるぬるした体、「コブラのような頭」をしていた。記事には「この奇妙な生物はあらゆる点で神話に見られる巨大な蛇や、船長が海で遭遇したとたびたび報告している奇妙な海の怪物(※シーサーペントか)を思わせる見た目だ」と書かれていたため、古代の首長竜のような姿でイメージされるネッシーとは少し違うようだ。その後、死体はノース・イースト鉄道の地元監督官であるブランド氏によって回収されたとか、「巨大ウミヘビの死因は深酒だ」といったジョーク記事等が地元紙に掲載されたものの、その後の行方は杳として知れない。

 イギリスの研究者グレーム・ハーパー氏によれば、この地域で巨大UMAが目撃された記録はこれが初めてではないそう。1849年にはカラーコーツ近くの漁師が、長い格闘の末に謎の巨大生物を陸に引き揚げることに成功。近隣より貴族や科学者達が研究のために来訪したそうだが、「これまで自然史で発見されたものでこれと類似したものはないと全員が宣言した」との記述が同年4月の『動物学者』誌に掲載されていたという。

謎だらけのUMAラムトン・ワームとは? コブラのような頭の「ネッシーのライバル」の画像2
ハートリプールの風景 画像は「DAILY STAR」より引用

 ラムトン・ワームの正体については、巨大なウナギやリュウグウノツカイなど様々な説があるが、地元の漁師はどちらの姿もよく知っていたとのこと。そもそも「コブラのような頭部」をした体の長い生物は既知の生物の中には存在していない。やはりラムトン・ワームは未知の生物だったのだろうか?そして、その後の目撃情報がないということは、発見された段階で既に絶滅危惧種であり、今はもう生息していないということなのかもしれない。

参考:「DAILY STAR」、ほか


【本記事は「ミステリーニュースステーション・ATLAS(アトラス)」からの提供です】

文=加藤史紀(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

「台湾有事の時、メインで戦うのは日本」アーミテージ発言で露見した米国の“本当の計画”をジェームズ斉藤が解説!

「台湾有事の時、メインで戦うのは日本」アーミテージ発言で露見した米国の“本当の計画”をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.07.05 17:30日本
米最高裁「中絶権利認めず」、メディアが報じない“本当の意味”とは? 容認派の闇と極左の陰謀をジェームズ斉藤が暴露

米最高裁「中絶権利認めず」、メディアが報じない“本当の意味”とは? 容認派の闇と極左の陰謀をジェームズ斉藤が暴露

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.07.04 18:00海外
日本版CDCは売国自民党政治の極致だった! 列島がアメリカの属州化&実験場になる未来をジェームズ斉藤が解説

日本版CDCは売国自民党政治の極致だった! 列島がアメリカの属州化&実験場になる未来をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.06.22 17:30日本
ツイッター買収の黒幕、第二次日露戦争、岸田政権の売国… 報じられない真実をジェームズ斉藤が暴露!

ツイッター買収の黒幕、第二次日露戦争、岸田政権の売国… 報じられない真実をジェームズ斉藤が暴露!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.05.31 17:30海外
チャクラが輝き、陰陽エネルギー吸収、10歳若返り… 「異次元レベルで整う」世界最先端の波動グッズがヤバい!

チャクラが輝き、陰陽エネルギー吸収、10歳若返り… 「異次元レベルで整う」世界最先端の波動グッズがヤバい!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.06.20 15:30異次元

謎だらけのUMAラムトン・ワームとは? コブラのような頭の「ネッシーのライバル」のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル