最恐の未踏峰「カイラス山」の謎! 時の流れと人体に異変、謎の数字6666、空洞疑惑と人工説も!

 今や地球上の陸地には「人跡未踏の地はない」とも言われるが、実は人類史を通して誰も頂上まで登ったことのない未踏峰の山がいくつか存在し、その中でもとりわけ人智を超えた謎に包まれた山が「カイラス山」である。

■誰も山頂に辿り着いていない謎の聖地「カイラス山」とは

 チベット高原の西部にそびえる標高6656m(6666mという説もある)の未踏峰の山が「カイラス山」だ。

最恐の未踏峰「カイラス山」の謎! 時の流れと人体に異変、謎の数字6666、空洞疑惑と人工説も!の画像1
「Anomalien.com」の記事より

 チベット仏教、ボン教、ヒンドゥー教、ジャイナ教で聖地とされるカイラス山は、おそらく地球上で最も神秘的な場所の1つであり、今も謎に包まれたままである。

 インドの4つの主要な川の水源地でもあるカイラス山だが、標高4650mの地点には2つの湖がある。この2つの湖もまた、謎に包まれた不思議な場所であるという。

 その1つ、マーナサローワル湖は「生きている水の湖」と呼ばれ、どんなに荒れた天候でも湖面は静寂を保っている。この水は何の問題もなく飲むことができて、飲んだ者の中からは癒しと若返りの効果があるという指摘もある。

 もう一方のラークシャスタール湖は、常に嵐にさらされているかのように波立っており、その水は塩辛く飲むことができない。「死んだ湖」または「悪魔の湖」とも呼ばれ、人間はもちろんあらゆる生物にとって危険な場所である。聖地巡礼者の間では、この場所を訪れることは禁止されているという。

最恐の未踏峰「カイラス山」の謎! 時の流れと人体に異変、謎の数字6666、空洞疑惑と人工説も!の画像2
「Anomalien.com」の記事より

 この2つの湖が自然に形成されたのか、人工的に作られたものなのかまだわかっていない。

 カイラス山の謎はまだ尽きない。噂によると、ここでは時間の振る舞いが異なることあるという。時間が普段通りに流れることもあれば、ゆっくりになることもあるが、ほとんどの場合はスキップするように時間が早く進むという。この現象は人間をはじめ生物種にのみ当てはまり、訪れたある旅行者によれば、12時間の滞在で頭髪が2週間分ほど伸びたという。

 誰もがこの山に近づくことができるわけではない。カイラス山を訪れた旅行者の思考は往々にして混乱し、彼は元気に山を登っていると自覚していても、気づくと下山しているのだという。方向感覚が狂ってしまい、山頂を目指して登り続けることができないというのである。

最恐の未踏峰「カイラス山」の謎! 時の流れと人体に異変、謎の数字6666、空洞疑惑と人工説も!の画像3
「Anomalien.com」の記事より

■人工の巨大建造物なのか?

 そうしたこともあり、カイラス山の頂上に登り詰めた登山者はまだ一人もいない。

 1926年、登山家のヒュー・ラットレッジは北側からの登頂を計画したが「まったく登ることができない」との結論に達し、その次に北東の尾根を登ることを検討したが結局登ることはなかった。

 1936年には、作家で登山家のヘルベルト・ティッヒーがカイラス山を登ったが、山頂までたどり着くことはできなかった。

 巡礼者によれば、完全に罪のない人だけがカイラスに登ることができるのだという言い伝えがあるという。

 こうした不思議に加えて、カイラス山の位置も注目に値する。カイラス山の真裏にはあのイースター島があり、ストーンヘンジと北極はカイラス山からちょうど6666キロ離れており、南極はその2倍の距離にあるのだ。

 カイラス山を研究する者は皆、この山がピラミッド型であると理解しており、山の麓と真ん中に巨大な空洞があることを確信しているという。こうした理解によりカイラス山がなんと人工の建造物であることが示唆されてくるのである。しかし、誰がどのような目的でこのような巨大なピラミッド型構造物を建てたのかは謎だ。

 そしてカイラス山の最も興味深い謎は、それに隣接するいわゆるナンディ石棺(Nandi sarcophagus)と呼ばれている独特のフォルムの地形であり、最も神聖な場所の1つであるという。

人気連載

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

必ず起きる台湾侵攻で中国勝利は確実、日本はどうなる!? ロシアに北海道も奪われ… 本当に迫る危機をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.10 17:30日本
日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

日本の「台湾有事シミュレーション」は売国級の稚拙さ! 弱点を中国に発信… 防衛の絶望的実態をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.09 17:30日本
中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

中国「台湾侵攻」は来週開始で確定か! 日本もペロシの命令で内閣改造&戦時体制へ、だが速攻で“あの島”を取られ…(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.07 18:00海外
中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

中国が「米国の思惑通り」台湾侵攻を決意か! 真の黒幕は「浙江財閥」… 報じられない裏の構図をジェームズ斉藤が緊急解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.06 18:00海外
波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

波動レベル「-100」の人間には何が起こる!? 歪んだチャクラと人生を整える“富の波動”アイテムを専門家に取材!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.07.19 13:00異次元

最恐の未踏峰「カイラス山」の謎! 時の流れと人体に異変、謎の数字6666、空洞疑惑と人工説も!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル