6歳で「家族を皆殺しにする」計画を立てた超サイコパス少女の現在とは? “実験的な治療法”を試され…!

6歳で「家族を皆殺しにする」計画を立てた超サイコパス少女の現在とは? 実験的な治療法を試され…!の画像1画像は、「The Daily Star」より

 1992年9月29日、米放送局CBSがドキュメンタリー『Child of Rage』を放映した。この番組はカナダ・バンクーバーで撮影され、子供の頃に性的虐待を受けたことで深刻な行動上の問題を抱えていた女児、ベス・トーマス(当時6歳)が出演した。

 ドキュメンタリーには、無感情のベスが「真夜中に寝ている養父母と弟を殺したくなる」と精神科医に告げる光景が収められており、視聴者を戦慄させた。そして養父母のティムとジュリーは、「夜にベスを部屋に閉じ込めて、刺し殺されないようにしている」と明かした。さらにベスは、弟のジョナサンを性的に虐待し、飼い犬を拷問し、ひな鳥を殺したことも認めた。ジョナサンは、ベスによって繰り返し頭をコンクリートの床にぶつけられて病院に駆け込んだこともあったという。

 ベスのサイコパス性と問題行動は、生後2年の間に深刻なトラウマを抱えたことによるものだった。1歳の時に実母が他界してから、弟とともに実父に育てられていたが、その父は子供たちに食べ物をろくに与えず、さらにベスを性的に虐待した。

6歳で「家族を皆殺しにする」計画を立てた超サイコパス少女の現在とは? 実験的な治療法を試され…!の画像2画像は、「The Daily Star」より

 そしてベスが2歳の時、姉弟は牧師夫妻に引き取られて養子となった。牧師夫婦は当初、ベスが実の父親から虐待されていたことを知らなかった。新しい両親のもとでの生活が始まったベスだが、やがて良心の欠如が疑われる行動を見せはじめ、実父が彼女にしたように、弟を性的に虐待するようになった。このことに悩んだ養父母は、最終的にベスを部屋に閉じ込めることを決めた。

 やがてベスは子供の精神障害である「反応性愛着障害(RAD)」と診断された。素直に大人に甘えたり、頼ったりできないのが特徴で、患者によっては相手に対する強い警戒と攻撃性がみられる。虐待などの不適切な養育環境が原因で発症し、しばしば幼児が親や保護者と健全な関係を築けない状況に至る。

 精神科医らはベスの良心を育もうとしたが、ことごとく失敗した。しかし、セラピストのコネル・ワトキンスによる「徹底的な行動修正療法」という実験的な治療法を試すと、彼女の行動に少しずつではあるが変化が生じるようになったという。そんなタイミングでドキュメンタリー番組は収録されたのだった。

 そして1年後、ベスは再び家族と部屋を共有できるようになり、自傷行為をやめ、弟に対する虐待を心から反省した。このタイミングでベスは2番目の養父母であるトーマス夫妻の養子になった。新たな養母であるナンシー・トーマスは、ベスのように情緒不安定な子供たちを100人以上育ててきた実績がある。

6歳で「家族を皆殺しにする」計画を立てた超サイコパス少女の現在とは? 実験的な治療法を試され…!の画像3画像は、「The Daily Star」より

 ベスは公立学校に通えるようになり、やがて看護師となるために勉強に打ち込み、その夢を実現させた。現在、看護師として働く傍ら、資格を取得してセラピストとしても活躍している。また、ナンシーとともに『More Than A Thread of Hope』という書籍を共同執筆し、RADの子供を養育する家族を支援する会社「Families By Design」も米国に設立した。彼女は結婚してアリゾナ州に住んでいるが、私生活や子供の有無などについては公表されていない。

 前述のドキュメンタリー番組において、コネルはベスの良心を育むのに成功した治療法の内容を解説している。具体的には、食事やトイレの使用も含むあらゆる行動を起こす前に、ベスはコネルに頼んで許可を得なければならなかった。制限下にあってコネルの許しを得るごとに自由にできることが増えていく――そんな過程によって、ベスは自分が愛され、信頼され、受け入れられていると感じ始めたというのだ。

6歳で「家族を皆殺しにする」計画を立てた超サイコパス少女の現在とは? 実験的な治療法を試され…!の画像4画像は、「The Daily Star」より

 このベスの治療は「成功」と見なされることが多い。しかしその一方、徹底的な行動修正療法には暗い側面があることも忘れてはならない。なんと2000年、コネルは子供を死に至らしめるほどの児童虐待で逮捕され、有罪判決を受けた。彼女は、10歳の子供を「再生」させるため、子宮にいる状態をシミュレートしようと試み、子供を窒息死させたのである。さらに、そもそもコネルがセラピストとしての免許を保有していなかったことも判明している。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

6歳で「家族を皆殺しにする」計画を立てた超サイコパス少女の現在とは? “実験的な治療法”を試され…!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

人気記事ランキング17:35更新

トカナ TOCANA公式チャンネル