エイリアン・アブダクションは政府による洗脳実験か? 終わらない「MKウルトラ」の悪夢、疑惑に満ちた5つの事例

エイリアン・アブダクションは政府による洗脳実験か? 終わらない「MKウルトラ」の悪夢、疑惑に満ちた5つの事例の画像1
「Mysterious Universe」の記事より

 恐ろしくもあり魅力的でもあるエイリアン・アブダクション、すなわち宇宙人による誘拐事件は、実は政府の謀略であったのか――!?


■「エイリアン・アブダクション=洗脳実験」説

 米ソ冷戦時代のアメリカでCIAと科学界が連携して極秘裏に実施された洗脳実験のコードネームが「MKウルトラ(MK-Ultra)」だ。

 MKウルトラの多くは被験者には本当のことを知らせなかったり、あるいはまったくイノセントな一般人を実験と気づかせないまま巻き込んだりと、人道上の大きな問題をはらみつつ、1950年代初頭から少なくとも1960年代末まで行われていたとされる。

 そして意外なことに、一部の専門家から「エイリアン・アブダクション事件は今も続けられているMKウルトラの派生物ではないか」との指摘があるのだ。

エイリアン・アブダクションは政府による洗脳実験か? 終わらない「MKウルトラ」の悪夢、疑惑に満ちた5つの事例の画像2
イメージ画像:「Getty Images」

 オルタナティブメディア「Mysterious Universe」の記事では、洗脳実験の可能性が高いアブダクション事件をいくつか紹介して検証している。まず最初は1997年7月に米アリゾナ州セドナ在住の女性、アリソンさんに起きた事件だ。

 27歳から31歳までの間に、少なくとも5回のアブダクションに遭遇したアリソンさんだが、中でも最後に起きた1997年7月27日の事件は大いに疑問が残るという。その時も、これまでのパターンと同じようにハミングするような音を伴ってエイリアンが部屋に現れたのだが、少しするとハミング音が突然止まったのである。

 これまでのアブダクションではハミング音がずっと鳴り響いており、たちまちアリソンさんは気が遠くなって意識を失っていたのだが、この時は音が止まったこともあってか、遠くなりかけていた意識がゆっくりと戻ってきたのだという。

 そして、部屋にいたのはこれまでのようなグレイタイプのエイリアンではなく、軍服を着た男たちであることにアリソンさんは気づいた。失敗を理解したのか、男たちはその後すぐに部屋を出て行ったということだ。

 49年前に起きた「パスカグーラ事件」もまた洗脳実験が疑われるケースであるという。

 1973年10月11日、ミシシッピ州のパスカグーラ川で夜釣りをしていた近くの造船所に勤務するチャールズ・ヒクソン氏(当時42歳)とケルヴィン・パーカー氏(当時18歳)がUFOを目撃し、中から出てきたと思われるエイリアンに捕らえられてUFO内部に連れ込まれた。

 その後、2人の全身は麻痺して共に気を失っていたのだが、気づけば川のほとりに倒れていたのだ。

 1970年代初頭、この地域の住民の間では秘密工作や精神改変の実験が行われたという話がまことしやかに囁かれていたという。この2人は、MKウルトラからさらに洗練された精神改変プログラムの実験台になった可能性があるということだ。

 1961年に起きた「ヒル夫妻誘拐事件」もまた実験の可能性が指摘されている一件だ。

 1961年9月19日の夜、ベティ・ヒルとバーニー・ヒルの夫妻は休暇を終えてカナダから米ニューハンプシャー州へと車で帰る途中、夜空に明るい飛行物体を目撃し、気になって車を停めて外に出たところ意識と記憶が乱れた。その後、車で無事に帰宅したのだが、後にして思えばこの時にエイリアン・アブダクションの被害に遭っていたのではないかといわれている。ちなみに4時間ほどで帰れるはずのドライブが、この夜は7時間もかかっていたのだ。

 この後、退行睡眠などによってヒル夫妻の“空白の時間”が探られたのだが、エイリアンに捕まってUFO内部に連れ込まれたのかどうか、決定的な結論は出ないまま夫妻は亡くなっている。

 作家で調査ジャーナリストの故フィリップ・コッペンズ氏は、ヒル夫妻が米空軍の監視下にあったことは明らかであり、いくつもの証拠から、夫妻が心理実験の被験者、犠牲者だったことを示唆している。

エイリアン・アブダクションは政府による洗脳実験か? 終わらない「MKウルトラ」の悪夢、疑惑に満ちた5つの事例の画像3
画像は「Pixabay」より

■植え込まれた偽の記憶なのか?

 1957年にエイリアンに誘拐されたと主張する当時23歳のブラジルの農民(後に弁護士)、アントニオ・ヴィリャス=ボアスのケースもまた洗脳実験だった可能性があるという。

 1957年10月15日から16日にかけての深夜、農作業中にヴィリャス=ボアスは、突如UFOが空からやってきて農場に着陸したのを目撃して驚く。

 UFOから出てきた4体のエイリアンに彼は捕えられ、UFO内部に連れ込まれたのだ。そしてUFO内部できわめて魅力的な女性のエイリアンと性交渉を持ったことが本人の口から語られている。

エイリアン・アブダクションは政府による洗脳実験か? 終わらない「MKウルトラ」の悪夢、疑惑に満ちた5つの事例の画像4
「Mysterious Universe」の記事より

 しかし、彼の話を慎重に検証すると、ヴィリャス=ボアスが連れ込まれたのはUFOではなく軍用ヘリコプターである可能性が浮上してくるという。何らかの手段で精神を混乱させられたヴィリャス=ボアスが、実際には軍のヘリコプターの中でエロティックな幻覚を見たのかもしれない。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

エイリアン・アブダクションは政府による洗脳実験か? 終わらない「MKウルトラ」の悪夢、疑惑に満ちた5つの事例のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル