「海底都市」を目撃したソ連軍指揮官の実話が凄い! 透明ドームに覆われた超高層ビル群、接近したらヤバいことに!

 空の異常現象であるUFOやUAPであるが、数は少ないながらも海中へと潜り込むUFOの目撃報告が存在する。UFOが海の中にまで入って行くのだとすれば、まだ見ぬ深海には海底のエイリアン施設があるのだろうか。

■逃走劇の末に目撃した眩い海底都市

 深海はまだ見ぬ謎に満ちているのだろうか。

 米ソ冷戦時代に潜水艇を指揮して太平洋をパトロールしていた指揮官が、かつて任務中に海底都市を目撃していたことが、元軍人のジャーナリストによって伝えられている。

 ルーマニア軍の予備役陸軍大将である現在65歳のエミール・ストレイヌ氏は、軍を退官後には熱心にUFOと超常現象を研究し、これまでにも数多くの著作を出版している。

 そのストレイヌ氏が、かつてソ連海軍の潜水艇の指揮官から聞かされた興味深い話があるという。米ソ冷戦時代に10年もの間、太平洋の海を潜水艇でパトロールしていた指揮官は、きわめて先進的な海底都市を目撃したというのだ。

「海底都市」を目撃したソ連軍指揮官の実話が凄い! 透明ドームに覆われた超高層ビル群、接近したらヤバいことに!の画像1
「Anciently」の記事より

 当時は1年間に休日が45日しかなかったその指揮官は、10年間のほとんどを太平洋で過ごしていたのだった。

 そうした激務のある日、太平洋のある海域(正確な場所は口外できないという)で所属不明の潜水艦に追跡され、追っ手を逃れるために潜水艇は潜航可能な最大深度まで潜ったのだった。

「海底都市」を目撃したソ連軍指揮官の実話が凄い! 透明ドームに覆われた超高層ビル群、接近したらヤバいことに!の画像2
「Anciently」の記事より

 緊迫の追跡劇の末、ようやく追っ手を振り切った同艇だったが、ホッとひと息ついたところで潜水艇の小さな窓から、海底に分厚いガラス状のドームに包まれた巨大な都市が存在する驚異的光景を目撃することになる。

 都市はとてつもなく大きく、ウクライナのキーウ(司令官はキーウ出身であった)ほどの面積があったという。透明なドームの中には高いビルが無数に建っており、交通機関として使われているのであろう奇妙な車両が運行していたという。

「海底都市」を目撃したソ連軍指揮官の実話が凄い! 透明ドームに覆われた超高層ビル群、接近したらヤバいことに!の画像3
画像は「YouTube」より

 海底都市は明らかに超先進文明の技術によるものであり、人類の理解をはるかに超えた巨大構造物であった。

 潜水艇はゆっくりと海底都市に近づいていったのだが、ある時点で艇内の各種の機器が動かなくなったのだった。そして次の瞬間、艇が100メートルも急上昇したという。再び近づくことは危険であると判断した司令官は、その場を後にするよう指示したのだった。

 ロシアの指揮官から聴いた話なのだが、ストレイヌ氏は同様の目撃談を各国の軍人から聞かされているという。イギリスの軍人からも海底に“街の明かり”を見たという証言を聞かされている。

「海底都市」を目撃したソ連軍指揮官の実話が凄い! 透明ドームに覆われた超高層ビル群、接近したらヤバいことに!の画像4
画像は「YouTube」より

 海の底は当然暗く、潜水艇の窓越しや潜水艦の潜望鏡で周囲を見回しても普通は何も見えないだろう。しかし肉眼でもはっきり見えたということは、この海底都市がきわめて明るかったことになる。指揮官の身元は明かすことはできず、これ以上の詳細は語れないということだが、太平洋上のどの海域で目撃されたのか大いに気になるところだ。

参考:「Anciently」、「Latest UFO Sighting」、ほか

文=仲田しんじ

仲田しんじ
場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji
ブログ「仲田しんじの特選あーてぃくるず」 nakatashinji.com

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

人皮装丁本、人骨ラッパ、原爆ダーツ、死後写真… 怪しい古書店「書肆ゲンシシャ」店主が明かす超絶コレクションの秘密とは?

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.09.13 14:00日本
【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【沖縄知事選】琉球独立派と中国の深すぎる闇とは? 「一帯一路に沖縄活用」危うい実態をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.09.10 18:00日本
プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

プーチンの側近ドゥーギンの娘爆殺は「生贄」だった! 驚愕の真犯人と謀略、“日本人の理解を超えた構図”をジェームズ斉藤が緊急解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.26 19:00海外
“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

“プーチンの頭脳”ドゥーギンの娘爆殺をめぐる恐ろしい謎とは? 逃走経路、奇妙な追悼文… 今後の展開をジェームズ斉藤が解説!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.08.23 19:00海外
30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

30歳若返る液体、酔わないマドラー、奇跡を起こす石… 究極の応用波動技術を徹底取材! 有名人が殺到する最強アイテムの秘密とは?

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.09.20 13:00異次元

「海底都市」を目撃したソ連軍指揮官の実話が凄い! 透明ドームに覆われた超高層ビル群、接近したらヤバいことに!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル