ICBMは500年前から存在か!? 裏歴史「シビウ文書」に開発者が残した衝撃メッセージとは?

 人工衛星打ち上げ時に使用される多段式ロケット。そのアイデアは、ロシア人のロケット研究者コンスタンチン・ツィオルコフスキー(1857~1935)が考案したとされているが、実は歴史の表舞台にはあがることのない裏の歴史が隠されていた。


■多段式ロケットが描かれた「シビウ文書」の謎

ICBMは500年前から存在した! 謎の「シビウ文書」と開発者が残した衝撃メッセージとは?の画像2画像は「Ancient Code」より引用

 多段式ロケットとは、複数の噴射装置を持ち,下の段から次々と噴射させては切り離す方式のロケットのことだが、歴史ミステリーサイト「Ancient Code」によると、なんと、今からおよそ500年前に出版された書物に、すでに多段式ロケットの完璧なアイデアが書かれていたというのだ! 450ページからなるドイツ語の同書は「シビウ文書」と呼ばれている。

 同書は長きにわたり忘れ去られていた書物だったが、1961年にルーマニア・ブカレスト大学の科学教授Doru Todericiuが発見。同国シビウ市の古文書アーカイブに保管されていたことから「シビウ文書」と呼ばれるようになった。

ICBMは500年前から存在した! 謎の「シビウ文書」と開発者が残した衝撃メッセージとは?の画像3画像は「Ancient Code」より引用

 ロケット学に素養のあったTodericiuは、本書を一目見て、ただならぬ科学データと正確な挿絵に圧倒されたという。そして、さらに彼を驚かせたのは、大砲や弾道学など、当時の兵器に関する膨大なデータとともに、多段式ロケットの挿絵とデータも書かれていたことだ。

 後の調査により、シビウ文書は 1550年~1570年にコンラッド・ハースという人物によって書かれたものだと判明。歴史家によると、この人物はオーストリアかトランシルヴァニアで生まれ、後にハンガリー帝国とトランシルヴァニア公国でエンジニアとして働いていたという。

■考案者「多段式ロケットは平和のために使って欲しい」

ICBMは500年前から存在した! 謎の「シビウ文書」と開発者が残した衝撃メッセージとは?の画像4画像は「Ancient Code」より引用

 ハースがシビウ文書に書かれた多段式ロケットを実用化したかは分かっていないが、1550年、シビウでロケットの打ち上げがあったと主張する歴史家もいるという。ところで先ほど、多段式ロケットを最初に考案したのは、19世紀~20世紀のロシア人コンスタンチン・ツィオルコフスキーだと言ったが、実は2段式・3段式ロケットの実験は、1590年にヨハン・シュミットラップという人物によって行われていたという話もある。だが、Wikipedia英語版によると、他ならぬハースこそ、多段式ロケットの開発において、シュミットラップに直接の影響を与えた人物だとされている。

 多段式ロケットは軍事利用を目的として発案されたものではあったが、ハースは自身のアイデアが平和のために使われることを望んでいたことをうかがわせる一節がシビウ文書に書かれている。

「ライフルが武器庫にしまわれ、1発の弾丸も発射されず、弾薬も燃えなければ、王子は財産を浪費することなく、工場長が命を失うこともない。多段式ロケットを戦争のためではなく、平和のために利用することが私の助言である」(ハース)

 だが悲しいことに、現在、多段式ロケットは人工衛星の打ち上げに貢献している一方、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の推進機構としても使用されており、平和を壊す兵器として世界を脅かしているのが実情だ。
(TOCANA編集部)


参考:「New Scientist」、ほか

TOCANA編集部

TOCANA/トカナ|UFO、UMA、心霊、予言など好奇心を刺激するオカルトニュースメディア
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web
YouTube: TOCANAチャンネル

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

ICBMは500年前から存在か!? 裏歴史「シビウ文書」に開発者が残した衝撃メッセージとは?のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング11:35更新