アメリカ軍が「戦争で兵器利用した超常現象」3選! ファンタジア作戦、ゴーストテープNo.10…

 戦に勝つためには戦闘以外にもさまざまな策略が講じられるが、その中にはオカルティックな超常現象を利用した作戦もあった。米軍はフィリピンとベトナムで実に奇妙な心理戦を仕掛けていたのだ――。

日本に対して計画された「ファンタジア作戦」

 日本の真珠湾攻撃の後、否応なく第二次世界大戦に参戦したアメリカだが、敵の戦力分析を進めるほどに日本やドイツの手強さを理解せざるを得なかった。軍事作戦以外にもあらゆる策を尽くさねば勝てないことを痛感したアメリカ当局は米中央情報局(CIA)の前身となる戦略情報局(OSS)を設立した。

 本格的な対日作戦を練るべく、OSSが招聘したのは心理戦戦略家のエド・サリンジャーであった。

 サリンジャーは日本でしばらく過ごしたことがあり、日本の言語、習慣、伝統に精通していた。彼は日本にはさまざまな幽霊、霊魂、悪霊に対する言い伝えがあることを知っており、これらの霊的な超常現象を活用した「ファンタジア作戦」を立案した。

 サリンジャーは特に日本のキツネに対する畏怖に着目し、“狐火”を再現した燐光ガスで光りながら浮かぶ風船やキツネの鳴き声を再現するホイッスルを考案したり、蛍光塗料を塗って不気味に光るキツネを野に放つアイデアなどが検討された。

アメリカ軍が「戦争で兵器利用した超常現象」3選! ファンタジア作戦、ゴーストテープNo.10…の画像1
画像は「Pixabay」より

 この“蛍光キツネ”の効力はまずはアメリカ国内で検証され、終戦間際だった1945年の夏にワシントンD.C.のロッククリークパークに30匹の“蛍光キツネ”を放ったのだ。

 これは功を奏したようで、人々は予想通り徘徊する不気味に光るキツネに怯え、「飛び跳ねる幽霊のような動物の姿を突然見てショックと恐怖に襲われた住民は、暗い奥地の建物から逃げ出した」と報告されている。

 その後まもなく終戦を迎えたことでこの“蛍光キツネ”が日本に放たれることはなかったが、その後も当局は超常現象の信仰を兵器化するというさらに奇抜なアイデアを継続的に進めたのだった。

 第二次世界大戦直後、アメリカは日本から奪還したフィリピンに駐留を続けたが、国内ではフク団(フクバラハップ)という反政府武装組織が各地で反乱を起こしていた。

 米軍はフク団の鎮圧に協力することになったのだが、ここでも超常現象を活用した心理戦が実施されることになったのだ。

 フィリピンではアスワン(aswang)と呼ばれる女吸血鬼の伝説があり、昼間は人の姿をしているが夜になると怪物の姿に変身して人間を襲い血を吸って殺すと信じられていた。

アメリカ軍が「戦争で兵器利用した超常現象」3選! ファンタジア作戦、ゴーストテープNo.10…の画像2
画像は「Pixabay」より

 米軍はフク団の支配地域にアスワンが潜んでいるという噂を広めて村人たちを怖がらせ、間接的にフク団に伝えたのだった。

 特別に編成された特殊部隊がフク団がよく通る小道に隠れて夜間に待ち伏せをし、フク団のパトロール隊のうちの1人を気づかれないように拘束して殺害した。

 部隊は遺体の首に吸血鬼が噛みついたかのような2つの穴を開け、血を抜いてから小道に横たわらせたのだ。

 再びパトロールにやってきたフク団の者たちは仲間の遺体を見てこれはアスワンの仕業であると信じ、実際にその地域からフク団はいなくなったのである。

ベトナムの戦場で流れた「ゴーストテープNo.10」

 そしてベトナム戦争中には“さまよえる魂作戦(Operation Wandering Soul)”として知られる心理戦が米陸軍によって計画されて実行された。

 ベトナムの文化では故人には適切な埋葬が求められており、これが行われない場合、故人の魂は地上をさまよい続け、幽霊や精霊に相当する“さまよえる魂”になると信じられている。

アメリカ軍が「戦争で兵器利用した超常現象」3選! ファンタジア作戦、ゴーストテープNo.10…の画像3
画像は「Pixabay」より

 ベトコン戦闘員の大部分は間違いなく適切に埋葬されず故郷から遠く離れた場所で死ぬことになるため、その多くは“さまよえる魂”となって戦場を徘徊することになる。“さまよえる魂”にならないために、戦闘員たちに持ち場を放棄して故郷へ帰るように促す音源が戦場で流されたのである。

 米軍は南ベトナム軍の兵士の協力を仰ぎ、録音スタジオで数週間で作成した音源は、可能な限りこの世のものとは思えない恐ろしい音になるよう編集、加工、リミックスされた一連の不気味な音声と不協和音で構成されている。

 葬儀の音楽、悲痛な嘆きの声、すすり泣き、金切り声、叫び声、金属の銅鑼を叩く音、さらには怒ったトラのうなり声などの奇妙で不気味な音源は可能な限り超自然的に聞こえるように演出され、録音されたテープは非公式に「ゴーストテープNo.10」と呼ばれた。

 テープは兵士のバックパックやヘリコプターに取り付けられたスピーカーから連続ループで流され、敵が隠れていると思われる地域で夜に大音量で流された。またその地域で恐ろしい画像や不穏なメッセージがプリントされたビラがまかれることもあった。

“さまよえる魂作戦”は成功したのか? その効果を示す客観的なデータは存在せず、場所と状況によってまちまちであったといわれている。

 確かに一部のベトコン兵士はテープの音源を聞いて戦場を放棄したのだが、テープが流れると音源に向かって発砲が増えたりと逆に戦火が激しくなったケースもあった。また一部の部隊はまったく動揺を見せなかったという。どれほどの効果があったのは確かめる術もなければ、成功か失敗かの実感も伴ってはいないようだ。

空に3Dホログラムを生成する軍事技術

 超常現象を活用した心理戦は、最近ではより高度なテクノロジーが使われるようになっている。

 米軍はホログラム技術を利用して、ある地域の迷信深い地元住民や敵軍に衝撃を与え混乱させる画像を投影することを思い描いているといわれている。

 1999年には「strategic perception management(戦略的知覚管理)」とも呼ばれる心理戦の手段としてホログラフィックプロジェクターを開発する米空軍の研究プログラムの存在を「ワシントンポスト」紙が報じている。

 特殊作戦の“欺瞞任務”のために宇宙から情報力を投射することを目的としたこの研究プログラムは、複数の軍事衛星から照射したレーザーで空に3Dホログラムを生成する技術の開発が構想されているという。

アメリカ軍が「戦争で兵器利用した超常現象」3選! ファンタジア作戦、ゴーストテープNo.10…の画像4
画像は「Pixabay」より

「ホログラフプロジェクターは希望する場所で三次元視覚イメージを再生します。プロジェクターは心理操作や戦略的認識管理に使用できます。また視覚的な欺瞞やクローキングにも役立ち、単純な敵と交戦する際に一時的に注意をそらすことができます。また選択した領域に3次元のビジュアルイメージを正確に投影する機能もあります。心理戦および戦略的欺瞞管理をサポートし、光学的な欺瞞とクローキングを提供します」(米空軍文書より)

 たとえば敵国の宗教の“神”を戦場の上空で3Dホログラムで浮かび上がらせることができれば、少なからぬ動揺を与えることができるかもしれない。

 今や超常現象をテクノロジーの力で引き起こすことが計画されているわけだが、これらは敵の弱点を突くことにどれほどの努力を傾けているかを如実に示す物証であるだろう。

“トロイの木馬”をはじめ確かに戦争には奇妙な出来事の長い歴史があり、超常現象を利用した作戦もまたそうした奇妙な軍事作戦の一分野なのである。単純な武力衝突では終わらない戦争の複雑でユニークな側面の一端が垣間見える話題だ。

参考:「Mysterious Universe」ほか

関連キーワード:, , ,

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

アメリカ軍が「戦争で兵器利用した超常現象」3選! ファンタジア作戦、ゴーストテープNo.10…のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで