マリリン・モンローは宇宙人の秘密を聞いて死亡か……衝撃暴露本

“20世紀最大のセックス・アイコン”としてハリウッド映画史にその名を永遠に刻んだマリリン・モンローだが、やはりその早すぎる死には疑惑が拭い去れないようだ。UFO研究家が最新の著書でマリリン・モンローは暗殺されたと結論づけている。

■マリリン・モンローは“ゆっくりと”暗殺された

 かねてからマリリン・モンローの死をめぐる“陰謀論”が渦巻いており、トカナでも紹介しているがそれが“陰謀論”ではないことが決定的になりつつあるようだ。やはりマリリン・モンローは暗殺されたというのである。

 新著『Diary of Secrets: UFO Conspiracies and the Mysterious Death of Marilyn Monroe』(日記の秘密:UFO陰謀論とマリリン・モンローの謎の死)をリリースしたUFO研究家のニック・レッドファーン氏は同著の中でマリリン・モンローは国家安全保障上の脅威になったことで暗殺されたと言及している。

 モンローは、1962年に36歳で亡くなる前に、ジョン・F・ケネディ大統領とその弟、ロバート・ケネディと関係を持っていたとされている。大統領との逢瀬の間、JFKがUFOについての機密情報をモンローに話したといわれている。その1つには墜落したUFOとそれに乗っていたエイリアンについての極秘のストーリーがあるという。

 このような話をモンローがただ聞き流していればよかったのかもしれないが、彼女は日記にこの話を記したことで大統領の懸念は大きく膨らむことになったしまったようだ。

マリリン・モンローはUFOと宇宙人の秘密をJFKから聞き、「ゆっくりと」殺された 衝撃の暴露本の画像1
「Daily Star」の記事より

 公式には薬物のオーバードースで亡くなったとされているモンローだが、レッドファーン氏によれば新たに公開されたCIAの文書で、ターゲットを中毒にすることによって殺人を偽装する方法が説明されているという。つまりモンローは当局によって“ゆっくりと”暗殺されたというのだ。

 具体的にはモンローをうつ病のスパイラルに導き、徐々に薬物の量を増やすように促していた可能性があるという。

 また以前、トカナの記事で取り上げたCIAの秘密兵器である“心臓発作銃”を使った暗殺ターゲットのリストにマリリン・モンローが含まれていたという話もある。いずれにしてもゆっくりとモンローの命が削がれていったということのようだ。

マリリン・モンローはUFOと宇宙人の秘密をJFKから聞き、「ゆっくりと」殺された 衝撃の暴露本の画像2
「Daily Star」の記事より

■JFKの恋人であったと告白する女性が登場

 話はこれだけでは終わらない。

“恋多き男”であったJFKには、マレーネ・ディートリヒやブレイズ・スターなど、他にも有名な愛人がいると噂されていた。そしてもう1人、今になってJFKの恋人であったと告白する女性が登場しているのである。

 現在83歳のダイアナ・デ・ヴェーグは、4年間の関係の中で大統領と「狂ったように恋に落ちた」と語る。

 当時ダイアナは20歳の女子大生で、1958年にボストンのボールルームで選挙運動のスピーチを行ったJFKに会った。JFKは彼女を次のイベントに招待したことで、彼らのロマンスが花開いたという。

マリリン・モンローはUFOと宇宙人の秘密をJFKから聞き、「ゆっくりと」殺された 衝撃の暴露本の画像3
「Daily Star」の記事より

「私は20歳で、ホルモンが豊富にあり、この魅力的な男性に夢中になっていました」とダイアナは「Air Mail News」に語っている。

 JFKは当時すでにジャッキー・ケネディと結婚していたが、ダイアナによれば、ジャッキーは低レベルの選挙キャンペーンイベントにほとんど参加しなかったので、この恋の逢瀬は容易であったという。

 ダイアナはJFKのボストンのアパートとニューヨークのカーライルホテルで恋をした後、ワシントンD.C.に引っ越して彼に本格的に近づいたと語る。

 しかしこの恋は思わぬ事情で破局を迎えることになる。なんとダイアナの父は普段からJFKが相談していたエコノミストだったのだ。この衝撃の事実を知ったJFKは慌てて彼女との関係を終らせたのだという。

「(JFKの側近の)“多くの人々”が自分のお父さんを知っていたので、大統領は自分を“棚に戻す”ことに決めたのです」とダイアナは「ニューヨークポスト」紙に語っている。

 マリリン・モンロー以上に“陰謀論”が取り沙汰されるJFKの死だが、今になってもこうして新たな事実が明らかになるのは興味深い限りだ。

参考:「Daily Star」、「WFMZ-TV 69 News」ほか

文=仲田しんじ

場末の酒場の片隅を好む都会の孤独な思索者でフリーライター。
興味本位で考察と執筆の範囲を拡大中。
ツイッター @nakata66shinji

仲田しんじの記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

龍のパワーを秘めた文字、「左回り」のエネルギーを得られる輪…今最強の波動グッズ3選

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.03.19 16:30スピリチュアル

マリリン・モンローは宇宙人の秘密を聞いて死亡か……衝撃暴露本のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル