不気味なピアノの音が…アルカトラズ島の地図作成プロジェクトで研究者が“心霊体験”を報告

Christopher Michel投稿者自身による著作物, CC 表示-継承 4.0, リンクによる

 かつて多くの囚人が送られた刑務所があった孤島、アルカトラズ島。この島の3D地図を作成するため現地調査を行ったチームのメンバーが、島に滞在中に不気味な幽霊体験をしたと証言して話題になっている。

 今回の調査はアルカトラズ島の浸食を研究するプロジェクトの一環で行われたもので、研究者らは3週間この島に滞在し地理を綿密に記録、夜には実際に刑務所で寝泊まりしたという。

 何人かでキャンプした時にありがちだが、調査チームのメンバーに一人いびきがかなり大きな者がいたという。グループリーダーのピート・ケルシー氏が回想するところによると、いびきの音量を指摘された彼は同僚に言われて、ここに収監されていた囚人の顔写真を撮影していたという別室で一人で寝ることに快く同意したという。

イメージ画像 Created with DALL·E

 しかし翌朝、ケルシー氏は彼が部屋の外で寝ているのに気づいた。後で理由を尋ねてみたところ、なんと彼は夜中に「自分の部屋の上の部屋で複数の人間が家具を動かしているような音」を耳にし、目を覚ましてしまったのだと語った。

 さらに彼は夜中にピアノの演奏も聞いてしまい、不気味に思った彼はすぐにその部屋から逃げ出したのだそう。その後、彼は二度とその部屋で寝ようとしなかったそうだ。また、あまりにも彼の訴えが真剣なものであったため、チームの他のメンバーは、彼と一緒の部屋で寝ることにも同意したとケルシー氏は語る。

 霊によって安眠を妨害されるよりも、いびきを我慢する方が余程ましだと全員が考えたようだ。

関連記事:Coast to Coast AM

【本記事は「ミステリーニュースステーション・ATLAS(アトラス)」からの提供です】

関連キーワード:,

文=田中尚(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

ミステリーニュースステーションATLAS編集部員
ミステリー&オカルト専門ニュースサイト「ミステリーニュースステーションATLAS」では、UFO、UMA、幽霊、怪談、都市伝説など過去から最新のニュース紹介。

田中尚(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

不気味なピアノの音が…アルカトラズ島の地図作成プロジェクトで研究者が“心霊体験”を報告のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

人気記事ランキング更新