古代エジプトでは同性愛が文化的に受け入れられていた?潜在的な証拠の数々

I-MartinによるPixabayからの画像

 ある考古学者により、第5王朝にまで遡る文献や彫像に基づくと、古代エジプトにおいて同性愛が存在していたことが示唆されている。

 TikTokで「考古学者ジェン」として知られるジェン・カリソンは、紀元前970年の「死者の書」の写本と紀元前1350年の「夢の書」の一節に、女性同士が性的関係を持っても罰せられなかったという話が記されていると説明している。

 カリソンはまた、リベラルな生活様式について議論している古代ユダヤの文献を取り上げ、レズビアニズムを「エジプトの行為」と呼んでいることを強調している。さらに、トーラー(ユダヤ教の聖書)の一部も、この文明が二人の女性の結婚を許容していたと解釈されている。

 同性関係が処罰の対象であったことを示す証拠は発見されていないが、同性愛は古代エジプト学者の間で大きな議論の的となっている。一部の学者は、同性カップルの描写は単なる兄弟や姉妹の表現に過ぎないと主張している。

 古代エジプトからの多くの発見物が、一部の人々が同性カップルだと主張するものを描写している。第18王朝時代に作られたイデトとルイウの像は、1914年に発見されて以来謎とされている。この彩色された石灰岩の小像は、2人の女性が並んで立ち、互いの背中に腕を回している様子を示している。専門家たちは彼女らの関係について確信が持てず、母娘、姉妹、あるいは同性カップルである可能性を推測している。

イデトとルイウの女性像 By Museo Egizio, CC BY 2.5, Link

 他の潜在的な証拠は「死者の書」に見られ、カリソンはこれを紀元前970年に女性によって書かれた文章だと説明し、「彼女は神殿の中で女性と関係を持ったことがない」と述べている。カリソンは「神殿の中で」という部分が重要だと指摘し、これは神殿の外では完全に許容されることを示唆しており、「彼女は神殿の外で活動していたかもしれない」と述べている。

「死者の書」は、エジプト人が来世に行くために使用した魔術的な呪文集の現代的な呼称である。この原稿は数十の墓で発見されているが、最初に知られている写本は1888年に発見され、現在は大英博物館に所蔵されている。

「夢の書」からの別の文章では、ある女性が別の女性に対し、既婚女性と親密な関係を持つ夢を見たことを咎めているが、批判されたのは女性と関係を持ったことではなく、それが不倫であったという点だった。「その女性が既婚でなければ、問題なかったようだ」とカリソンは述べている。

 エジプト人の性的生活様式は、紀元前3世紀から6世紀の間に書かれた重要なユダヤ教の宗教法と神学に関する文書であるタルムードでも議論されている。

 カリソンによると、タルムードは「レズビアニズムをエジプトでは一般的なものとして描写し、これがユダヤ人にも受け入れられるようになったため、『エジプトの慣習』という言葉がレズビアニズムの婉曲表現となった」という。「しかし、これらすべてがエジプトを非難する文脈で語られていたことに注意すべきだ」とカリソンは付け加えている。

 古代エジプトの女性だけが親密な関係を持っていたわけではなく、歴史は男性についても同様だったことを示唆している。

ニアンクヌムとクヌムホテプ By Jon Bodsworth – http://www.egyptarchive.co.uk/html/saqqara_tombs/saqqara_tombs_39.html, Copyrighted free use, Link

 考古学者たちは第5王朝時代のニアンクヌムとクヌムホテプの墓を発掘し、そこには入り口に「生前も死後も結ばれし」という言葉が刻まれていた。2人はニウセルラー王の王室のマニキュアリストで、王の「側近」と呼ばれていた。

 しかし、研究者たちを驚かせたのは、2人の男性に関する疑問符であり、彼らがなぜ親密な墓を共有していたのかという疑問を投げかけた。

 レガシー・プロジェクトは「同等の社会的地位にある2人の男性が、疑いなく女性と結婚していたにもかかわらず、同じ墓に埋葬されていたことは独特だった」と報告している。彼らの妻や子供たちは墓を囲むパネルに描かれていたが、彼らは互いに親密な行動を示すのではなく、背景の人物として描かれていた。2人が鼻を触れ合わせている別の画像 – これはキスの一形態である – は、2人の男性が恋愛関係にあった可能性を示唆している。

 この墓について動画で語った学者レイヴン・トッド・ダ・シルバは、過去の人々の行動を示す手がかりを見る際には独立した思考を用いるよう人々に促した。

ダ・シルバは「歴史におけるクィアの抹消についてはよく知られています。歴史上には多くの同性カップルがいましたが、これらの古い歴史家たちは、特に女性について『親密な友人』や『同居人』と表現していました」と述べている。

【参考記事】Daily Mail Online

【アトラス関連記事】
レオナルド・ダ・ヴィンチ作、名画「モナ・リザ」モデルに関する諸説
https://mnsatlas.com/?p=48543
両刀使いを公言したカズレーザー、若手芸人が「同性愛」になる理由とは?
https://mnsatlas.com/?p=5507

【本記事は「ミステリーニュースステーション・ATLAS(アトラス)」からの提供です】

関連キーワード:, ,

文=ナオキ・コムロ(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

ミステリーニュースステーションATLAS編集部員
ミステリー&オカルト専門ニュースサイト「ミステリーニュースステーションATLAS」では、UFO、UMA、幽霊、怪談、都市伝説など過去から最新のニュース紹介。

ナオキ・コムロ(ミステリーニュースステーションATLAS編集部)の記事一覧はこちら

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

“神の領域”を見た超能力者「赤松瞳」人類を救うために彼女が残したものとは…

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.05.20 18:00スピリチュアル

古代エジプトでは同性愛が文化的に受け入れられていた?潜在的な証拠の数々のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで