【回文音楽】ここまでくるともう… 奇才バッハが生み出した永遠に終わらない旋律が凄すぎる!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

,

,

,

 18世紀に活躍し後世の音楽界に多大なる功績を残したバッハ。1750年、65歳で生涯を閉じるまでに約1,087もの曲を書き上げ、「音楽の父」として広く知られている奇才であるが、永遠に終わることのない驚異の楽曲を制作していたことはご存知であろうか。「G線上のアリア」など優雅で荘厳な音楽は芸術的美しさに溢れ、聞く人を魅了し続けてきたが、晩年、独自に追い求めた「フーガ技法」と呼ばれる特殊技法を用いて、実に斬新な曲を多数制作していたのである。

「メビウスの輪」と「バッハ」、一見なんの関係もなさそうなキーワードであるが、晩年に書かれた「蟹のカノン(Crab Canon)」という曲をに、両者を密接に関連づける謎が隠されていた。

■バッハが晩年追い求めたフーガ技法

bach-line.jpg画像は、「Ztfnews」より

 この楽曲、正式には「2声の逆行カノン」というが、その独特なコード進行から横歩きの蟹を連想させるため「蟹のカノン」とも呼ばれている。「フーガ技法」は、複数の旋律を同時に奏でることによって調和のとれた楽曲を生み出すもので、複数の旋律がバランスよく混じりあうために、絶妙のタイミングと緻密な計算が要求される。百聞は一見に如かず、まずは「蟹のカノン」の楽譜をご覧いただこう。何かに気づかないだろうか?

 

bach-huga.jpg

 そう、楽譜がまるで「回文」のようになっているのである。一方の音符を逆向きに読んだものが、ちょうど他方の旋律になっているのだ。この曲に施された神懸かり的な仕組みが非常にわかりやすく解説された動画があるので紹介しよう。バッハが仕掛けたトリック、あなたにはどう感じられるだろうか?

関連キーワード

コメント

2:匿名 2019年2月12日 19:59 | 返信

バッハはこの手のを一杯書いてますから、そんなにむずかしくないのかとかってに想像しています。

この手のをはじめ、そして最高の名手なのは、300年くらい前のヨハンネスオッケゲムですね。バッハはそれを勉強したわけ。

「音楽のささげもの」はもちろん過去500年の音楽の総決算という側面もありますが、その後200年の音楽を予言するものでもあります。どの演奏もあまり聞こえないようにやってるんですが、いくつか多調というしかない音があるんですよ。ジェズアルドやチコーニアやベートーベンがほんの少しふれ、ミヨーやストラヴィンスキーが大活用する多調性です。

ミクちゃんの演奏だとよく聞こえます。あと、マルケヴィッチかなあ。

1:匿名 2015年5月4日 07:31 | 返信

まあ、ドラクエの音楽と思えば良い。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。