>  > 原料は廃油、死肉、残留農薬……、毒ラーメンをくらう日本人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

ラーメン

,

,

農薬

re-ra-men.jpg

 いまや日本人の国民食といってもいいラーメン。そのラーメンの美味しさを決める素材の1つがラーメンのスープだ。しかし、すべての店が鶏ガラや豚、牛の骨を何十時間も煮込んで、手間をかけて独自の味を作りだす……といった作業をしているわけではない。

 多くの店は、チキンエキス、ビーフエキス、豚肉エキス、魚介エキス、野菜エキスや昆布粉末、チキン粉末などのエキス食品を使っているのが実情だ。

「エキス卸業者から買ったエキスを元に、多少の工夫を加えれば、行列のできるラーメンと同じレベルの味をつくれるわけですから。みんな飛びつくのは当然でしょう」(外食産業関係者)

 だが、問題はこうしたエキスの多くが中国産食品だという事実だ。周知のように、中国からの輸入食品には、残留農薬や食品添加物が大量に混入しているという疑いがあり、敬遠する消費者も多くなっている。

 だが、いくら注意深く中国産食品を避けても、エキスの形になるとチェックすることはできない。それどころかもっと危険な食材が体内に入り込んでしまう可能性もあるという。

「粉末にしてしまうのだから、本来廃棄処分されてしかるべき肉、野菜、魚介類くずやゴミが原材料であっても不思議ではない。実際に、わたしがいくつかの工場で調べた範囲でも、エキスの原材料としてこういった不衛生なものが使われている可能性は高い」

「残留農薬、食品添加物にとどまらず、最近ではヒ素、カドミウム、水銀、ナマリ、クロム、銅などの重金属が混入しているのではないかという疑いがある。排水溝に溜まった廃油を精製した地溝油、死肉、腐敗食品など、日本では想像できないものが混ざっている可能性もある……」

「(チキンエキスといっても)胸肉とか腿肉とかを使う企業はない。エキスはどの部位からも抽出可能なことがメリットでもあり、またそういう食品形態なので抗生物質などの薬物汚染や、飼料から取り込まれた農薬汚染の危険因子が入り込む余地は、他の食品に比べても格段に高い」

syokuhinosen.jpg
日中食品汚染』(文藝春秋)

 こう自著の中で指摘するのは、愛知大学国際中国学研究センター所長で中国研究農学者の高橋五郎氏だ。高橋氏の新刊『日中食品汚染』(文春新書)によれば、日本は中国からエキスを大量に輸入しているという。重要なポイントを、本書より引用しよう。

関連キーワード

コメント

6:匿名2017年1月20日 02:07 | 返信

事実だから仕方ないよねー。
でも日本人は直ぐに忘れちゃうから、市場が戻るのが早いんだよねー。
マッ◯の緑肉も忘れてるくらいだからなー。

5:匿名2017年1月20日 02:02 | 返信

1.2.4
何に怒ってるんでしょうか?
中国は嫌いですがなにか?

4:匿名2016年8月19日 12:02 | 返信

そこまで気にするなら高い国産買って、毎日自分で全部ご飯作ってるんかな?
嫁さんに任せたら何使われてるか分からないぞ(親任せとかも含む)

3:通りすがり2016年1月19日 07:45 | 返信

調味料は中国産が多いから外食すると嫌でも食わされる。
近所の農家から仕入れた野菜くらいしか食える物が無いのが現状。
あとは自家製だな。
中国産を国産と同じ価格になるくらい課税してしまえば中国産を使う旨味が無くなって良いのだが。
日本はもっと輸入品に厳しくなるべき。
輸入品買っても日本は豊かにならん。

2:匿名2015年10月 1日 12:28 | 返信

↑食べるも自由、敬遠するも自由。
こんなの見させられて気分悪いと思うか、食べ物の事を真剣に考えようと思うかの差でしょ

1:匿名2015年4月21日 05:39 | 返信

そこまで疑って本にまでするなら自分で重金属検査して証拠をあげるぐらいのことして欲しいわ。疑いがあるってそんなの誰でも言える。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。