>  > 小保方晴子氏は被害者か? 科学ライター寄稿

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント26
obokata1-729.jpg
※写真=小保方晴子/撮影=吉田尚弘

 とうとう結論が出てしまった。小保方晴子氏自身による検証実験が失敗、STAP細胞は事実上存在しないと理化学研究所が発表したのだ。

 小保方さんが小保方さんでなければ、今回のような騒動は起きなかっただろう。小保方晴子氏が男好きのする、ちょっととぼけたカマトトっぽい女の子だったことが、すべての間違いだったのだ。

 世紀の大発見をした、割烹着の天才美少女。しかしその実験は誰も再現できなかった。名誉欲に駆られた詐欺か? 国家的研究機関のメンツが丸つぶれの実験ミスか? 再生医療市場をめぐる謀略か? 学会の俊英との不倫疑惑とその自殺、共同研究者の不審な動き、冷蔵庫に隠されていた出自不明のES細胞、そして泣きながら叫んだ「STAP細胞はあります!」

 面白すぎる。2時間ドラマの世界だ。雑な女とインテリの色ボケと自己顕示欲が引き起こしたねつ造事件で済ませるには、あまりに惜しい。


■自家蛍光を誤認していた? 推論1

 STAP細胞は、細胞を希塩酸などの弱酸性溶液に漬けるだけで、分化していた細胞がリセットされ、分化前の万能細胞に変わるとしたもの。細胞には万能性を獲得すると蛍光する遺伝子を組み込んでおき、万能細胞に変わったかどうかは、細胞の蛍光で確認する。

 これは科学の常識からすると、滅茶苦茶な話だ。極端な話、胃の立場はどうなる? である。酸で万能細胞が生まれるなら、胃酸で胃袋が万能細胞になるのか? 胃から人間ができちゃったりする? 映画の富江? それぐらいありえない話であり、だからネイチャーも「生物学の常識を覆す」とコメントしたわけだ。

 理化学研究所が行った検証実験でも、細胞の蛍光はわずかながら確認された。ただし本当に万能細胞であれば、それを受精卵に組み込み、その細胞を取り込んだ形で胎児が成長しなければならない。それはまったく確認できず(1600回以上、マウスを使ったという)、万能性は認められなかった。

 そうであるなら、この騒ぎは何だったのか? 小保方さんたちが名誉欲あるいは予算獲得のためにSTAP細胞をでっち上げたのか、それとも研究者としてあるまじきミスをしていたのか?

 細胞には自家蛍光という現象がある。構造的に細胞が光を放出することがあり(細胞が死ぬ時に特に強く蛍光するという)、不慣れな研究者は蛍光遺伝子の光と間違えることがよくあるのだそうだ。

 小保方さんは記者会見で細胞の作製に200回以上成功したと言い切っていた。彼女が天才的なウソつきでなければ(本物のウソつきを普通の人は見抜くことはできないので、これはなんとも言えない)、9割9分、自家蛍光を見間違えたのだと思われる。彼女は研究者として未熟であり、かつSTAP細胞の存在をまったく疑っていなかった。そのために自家蛍光を蛍光遺伝子の蛍光と無意識に誤認するバイアスがかかっていた……、だとしたら、周囲はその誤認の可能性に気がつくべきだっただろう。


■細胞のすり替えの可能性 推論2

 小保方さんたちがSTAP細胞ができたと考えたのは、マウスでの万能細胞の確認を考え合わせると納得できる。小保方さんたちが行った最初の実験では、蛍光遺伝子が組み込まれたマウスの受精卵ができている。…ということは、それは自家蛍光ではなく、万能細胞=STAP細胞ができた証拠だ。彼女たちは自家蛍光を万能細胞の蛍光と誤認したのではなく、それが自家蛍光のはずがなかったのだ、受精卵の細胞が光ったのだから。万能細胞でなければ、それは起こらない。

 ではなぜ検証実験では万能細胞はできなかったのか? そこで冷蔵庫にあったというES細胞が問題になる。

 もしかしたら、だ。小保方さんらの実験結果の誤認でも、ねつ造を行ったわけでもなかったとしたら……もしかしたら、小保方さんらが知らないところで、細胞のすり替えがあったのだとしたら? 

 研究母体となった理化学研究所は、現在の財団法人から新設される特定国立研究開発法人への格上げが予定されていた。併せて、国からの予算も増額されるため、理化学研究所は増額する予算の名目付けを文科省から要求されていた。

 官公庁では予算を多く獲ることが評価対象になる。予算を勝ち取りたかった文科省は、特定国立研究開発法人を正当化する根拠が必要だった。そこで理化学研究所は、不確実な代物だと知っていながら、次の研究の柱としてSTAP細胞を持ち出したのではないか? 

 理化学研究所の政治的な部分にコミットする大人たちが、検証が不十分なことを知りながら、政治的な理由で小保方さんを祭り上げる必要があった。しかし思うような成果が上がらない。予算編成の時期は刻一刻と迫ってくる。そして結果を出す必要性に迫られた誰かが、ひそかに細胞のすり替えを行う。当然、データのつじつまが合わなくなる。そのため、小保方さんらは前段階の実験が間違っていると考え、結果に合わせてデータの改ざんを行った……。

■仮にもしもSTAP細胞が本物だったとしたら? 推論3

 さらにエキセントリックな可能性を考えてみる。もし本当にSTAP細胞ができていたとしたら? ごくわずかな実験手順の違いが原因で追試は失敗したのであり、小保方さんが作ったという200個のSTAP細胞が本物だったら?

 ひとつは小保方さんが偽のデータを開示している可能性だ。再生医療市場は2050年には15兆円に達すると言われている。STAP細胞が本当であれば、そこから生み出される利益は想像を絶する。

 研究には詳細な実験ノートを作成するのが常識であり、義務でもあるが、小保方氏の実験ノートはデータも実験日時も記載されておらず、プロの研究者としてはありえないレベルの稚拙なものだった。あのノートが記録のすべてだったとしたらお粗末だが、もし詳細な実験手順が記された裏ノートがあったとしたら? 自分を守るために、そのノートを隠していたとしたら?

 今回の騒動により、小保方さんは博士号もはく奪された。そんなキャリアも資格も何もない彼女が、もし海外の研究機関へ移ったとしたら、裏ノートがある可能性が高い。再生医療に革命を起こす細胞の技術は、海外に売り渡されるわけだ。

コメント

26:匿名2016年3月30日 15:33 | 返信

・・・・・。たまたまニュース欄からここへ。
 STAP細胞、ありましたね。。
こういったサイトでの小保方氏批判や元理研や関係教授科学者の方々は、いまどう思っているんだろう。。。
 ニュースでもそういった報道はしていないし。。
 この事件?なんか捏造だったかコピペだったかで学校の教科書にも載るみたいですし。。。

集団てコワイね。個人的には山梨の若山教授がムカつく。
て、どこの教授だっけな?て調べたらこんな記事が。。あの頃みたいに大々的に報道してほしいw

http://netgeek.biz/archives/65452

25:ロクリアン正岡2015年10月10日 07:24 | 返信

そんなことより、次のことが大切。
「小保方晴子は”音楽の化身”である」ということ。
現代人であり、マスコミで大々的に扱われ、誰もの口に上るだけに却って卑近な存在に貶められているようだが、彼女は中世-近代の魔女達に勝るとも劣らない第一級の魔女だと、わたくしは思っています。
 私は、彼女と中川俊郎をセットで考究することにより、「音楽の魔性」をはっきりと突き止められたぐらいなのですから。

24:川口友万2015年1月19日 13:58 | 返信

ご意見ありがとうございます。
陰謀論を広めるつもりはなくて、そういう風に頭の体操したら面白くない? という記事なので、すいませんね。楽しんでもらえるかと頭ひねったんですが。
とはいえ私の間違いもいくつかご指摘通り。
小保方氏が自家蛍光と切り分けていたという話、よくわかるんですが、ここはあえて話の進行上、本人はそこを間違っていたとしました。じゃないと面白くないので。なぜ自家蛍光と間違ったのかは、ES細胞云々のくだりです。
博士論文の不正ですが、早稲田は1年以内に出し直してね、と言ってるので、論文引用とミスの許容範囲内なのか違うのか、私は判断できない。それに叩かれたことがある人はわかると思いますが、人間は思っているほど強くないので、叩かれるとそこから逃げたくて変なことをします。早稲田がそうじゃないと私は断言できない。そんなことはプロとしてあるまじき! という人は叩かれた経験のない人で、叩かれた人はそのあたりの塩梅はわかると思います。人間なんですもの。だからここはわからないということで。
理化学研究所は独立行政法人ですね。すいません。広報に怒られちゃいますね。キヤノンをキャノンと書いて、お菓子持ってわび入れに行ったのを思い出しました。
TOCANAはネット版のムーみたいなもので、あったら面白いねえを楽しんでいただく情報サイトです。中には本当のこともあるでしょうし、エセもあります。ひっくるめて楽しんでいただければ幸いです。
最初にも書きましたが、小保方さんはウソをついたのかどうかはともかく(本物のウソつきはウソをついてる自覚もないので)、STAPは完全にガセだったことに異論はありません。そこはご理解いただきたい。本文中にも何回か書いているかと思います。
もしスーパーマンが射精したら精子が女の子を貫通するというSFネタがあるんですが、そんな風に現実も柔らかく楽しんだらどうすっかね? というネタでございました。AVのレイプ物を女性蔑視だと言い募るフェミニストの正義は苦手で。届かない正義よりも身近なネタ、TOCANAともども今度ともよろしくお願いいたします。

23:kigakome2015年1月18日 20:59 | 返信

2015年はSTAP細胞のあたり年だと思います。小保方さん頑張ってください。
奄美から応援しています。

22:kigakome2015年1月18日 20:52 | 返信

STAP細胞は2015年にかかっていると思います。小保方さん頑張ってください。
応援しています。

21:弱酸性日オレ折れ2014年12月24日 23:11 | 返信

ったく、どこにいっても、どいつもこいつも、どこかからのコピペをちょい言い方変え貼りばかりの投稿が目立つな。
なぜ誰一人として、今回の本人直々捏造無し発表内容を直接見て、実質最終検証からして杜撰な点を指摘しないのか?
本家↓の欠片すら引用されて出てこない時点で、どれすらも読む価値すらない。
http://www3.riken.jp/stap/j/e3document9.pdf
タブロイドなら、正規研究者での捏造説の立場堅持では指摘できない(したら立場が危うくなる)杜撰な点を指摘して、陰謀説へと結び付けるべきだ。
【STAP細胞誘導の概略】で「pH5.7という弱酸性溶液に」が売り文句だったのに、【(2)丹羽副チームリーダーによる検証結果】では【HClならびにATPの濃度の設定】のグラフで、そこのpHでグラフが取られていると見えるか?
意味の無い外れ濃度の比較実験なんて要らない最終段階なのに暢気な。
そもそもがpH5.7や37℃や25分間という区切りが良すぎる数値自体で完全に暈しているのは明白であり、もっと微調節が必要なぐらいは、例えば定量表示された料理レシピにある調味料「少々」や「もう一煮立ち」などの暈しと同じ秘訣だ。
小保方のナックル姫がコンピューター野球ゲーム並みに全く同じ球を何度も投げているとでも?球の個々に合わせて微調節しながらストライクを取りに行くのでは?
小保方のナックル姫が、発表値から手心の微調節をさせてもらえなかった可能性も『小保方晴子研究員コメント』↓で「細かな条件を検討できなかった事などが悔やまれます」から見抜けないか?
http://www3.riken.jp/stap/j/u0document3.pdf
または、小保方のナックル姫は秘伝の微調節での球が荒れすぎて正確なストライク・ピンポイントを完全に見失っていたのに、焦点当てをさせてもらえなかった可能性も?
その程度でも、キャッチャーが陰謀論でとか、神の審判の陰謀論とかに看破していくのがタブロイドなのに。え?今時ならオーナーが陰謀論?鍋常と期の竹?なんとも闇鍋なインポ論な世のこって。

20:文系の非論理、理系の場違い2014年12月24日 14:52 | 返信

科学という研究界は15さんの仰る通りでの「論理性の成立構築」のみの無感情の文章が通じる世界です。科学のみは古今東西で成り立つ自然界の一部を文章に落としているだけだからです。
まずその前提を「科学の世界で学位に値する体験をしたことが無い」読者さん(以後、文系読者と改定します)は踏まえるべきです。
次に、科学の世界で一端にも学位を取得した読者さん(以後、理系読者と仮定します)では、本記事は科学記事ではなく、一般大衆向けタブロイドでの記事(以後、文系記事と仮定します)である前提も踏まえるべきです。
本記事の執筆者としてや自称での投稿者(13さん)とされる川口友万氏の経歴では、1991年富山大学理学部物理学科卒業とされる学位持ちだそうですが、この人物から直での投稿の記事とされても、世に出る文章自体はサイゾー編集部による校正を受けているので、御本人が(銭の為?)妥協の改竄物である可能性も(or の方が)、よ~くある業界です。
そこに気付けば、文系記事での推論の先が、理系読者では違和感のある内容であることこそが妥当であるレベルというところで、17さんの仰る通りの見解となるのです。
また、文系記者の立場からしても、まともな記者目線からの本記事については「裏取りしてから書け」と怒られるぐらいのレベルというところなのです。この点にこそ突っ込むべきなのです。
もしくは、タブロイド記者目線からすれば、「偽証というパターンについては、他で十二分にもあるから割愛と述べておいて、正論がコケた可能性のみをパターン推察するという衆愚にもわかりやすい記事にしろ」という構成ミスにこそ突っ込むべきなのです。
これぐらい理解しているかを踏まえて、読者による投稿の内容を見ていけば、違った思いが沸き立つのでは?

19:匿名2014年12月24日 13:52 | 返信

理研が財団法人とか、科学関係の常識も知らずに科学ライターなんて名乗っちゃうこのライターがもう可哀想。

18:匿名2014年12月24日 01:05 | 返信

論文の捏造もとっくに認められてるというのに
陰謀もなにもございません。
不正、大嘘(彼女がそう自覚しているかどうかは別として)で
地位を築いた人物が好奇の目にさらされたあげくに「正体」がほぼ全部バレちゃった、
残念ながらそれだけのことなんですよ。

17:匿名2014年12月24日 00:18 | 返信

ここの住人はユーモア欠乏症か。
筆者が真摯にネタを作ってくれてるのにマジコメント付けてどうしたいんだ。

16:匿名2014年12月23日 23:16 | 返信

人1人亡くなってるのに
「面白すぎる」と茶化すようなモラルのない人間がライターと名乗る時点で終わってますね。
即刻削除すべき記事。

15:匿名2014年12月23日 22:33 | 返信

科学ライターさん、科学を知らなさすぎますね。また科学者を知らなさ過ぎますね。ネイチャー論文に関わるデータの捏造につぃては、多くの方々がコメントしていますので、それ以上付け加えることもありませんが・・・私にはそれ以前に、小保方氏を擁護に値すると考える人々が、少数でも存在することが驚きです。多くの研究者は、博士論文を仕上げる時に、泣く程の苦労を何度もしているものです。苦労して手がけた研究の集大成たる、博士論文の序文。それも従来にない、画期的な成果を世に問う機会。書きたいことは山ほどあるでしょう。これを、どこかのホームページからの借用で間に合わせる・・・有り得ません。大学院時代から、まともな勉強も研究もしていなかったことは明らかです。

あなたは評論をする前に、どの分野でも良いから、自然科学の勉強を学生並みに真剣にやって見るべきです。科学がどれほどの努力の積み重ねの上に築かれてきたものか、少しは体感すべきです。学問をなめるな!と、小保方氏にもあなたにも言いたい。

14:匿名2014年12月23日 22:24 | 返信

なんだよこれ。
呆れてものが言えない。
これはもしかしてアレか?
某悪徳弁護士に雇われた、印象操作工作員の諸行か?
サイエンスライターが聞いて呆れるわ。

13:川口友万2014年12月23日 21:46 | 返信

これぐらいの数だと話が通りますね。
1000超えると違うフェーズに入って、何が何やら。
一つクリアにしたいのは、小保方さんが偽造あるいは捏造したかどうかは、まだ判断に早いということ。
早稲田の論文も含め、雑な女なのは間違いない。
科学者として二流でしょう。またSTAP細胞の検証過程も雑。怒られて当たり前。
で、STAP自体を名誉欲からの偽造かどうかは、今は判断できない。
変なことが起きるのがサイエンスなので。
ほぼない、と言うかない、でも彼らはあると確信した、なぜか?
嘘ついたというのは、面白くないでしょ?
それで終わりで、疑似科学と否定するのは簡単だけど、科学のいいところは、もしかしたらを残すところです。
もしかしたらを楽しめば、絶対ないの理屈も逆に見えてくる。
その姿勢が科学の素敵なところです。
定常宇宙論やホログラム理論、飛行機がなぜ飛ぶかだって今も論議の対象です。けんいとか知識とかぶち抜いて、素敵なアイデアが自然の法則を人間が使える形に変えてくれます。
宗教と科学はどちらも自然の法則を探し続ける人間の業だけど、科学はその余白があって、それだけ人間に優しい。ニュートンの宇宙論を破ったからってアインシュタインを火あぶりにしない。
全貌が見えない今、私はいろんな可能性を考えることで、生物学を知らない人が興味を持ったり、違う分野のこと学んだりできるいい機会だと思う。
世界は豊かでとても楽しい。いろんな可能性を斟酌し、その過程で違う世界が見えれば、それが自分にとっていいことでしょう。

12:匿名2014年12月23日 19:22 | 返信

>こういう芽をいちいち潰していたら日本の科学は衰退していくだろう。

捏造研究で手に入れた業績でのし上がった科学者が、他の優秀な科学者の職を奪う方が日本の科学にとっては遥かに損失です。

11:匿名2014年12月23日 17:43 | 返信

何いってんだか…
ほとんと犯罪と言っていいくらいの罪があるよ。
サムラコウジなんてかわいいもんだ。

10:匿名2014年12月23日 16:16 | 返信

>海外へ流出

まだそんなこと言ってるのかよ
バカすぎ

9:匿名2014年12月23日 15:34 | 返信

ジャイロ懐かしいですね。もう20年以上前の話ですが確か地球の自転と関係しているという結論になったような。誹謗中傷連中は少なくとも科学の発展に何も貢献していないだろう。意外な発想から発明も生まれることがある。こういう芽をいちいち潰していたら日本の科学は衰退していくだろう。


8:匿名2014年12月23日 15:09 | 返信

ひどいなぁ、これが科学ライター?オカルトライターの間違いでは

7:匿名2014年12月23日 14:09 | 返信

際立った研究の功労者として、
女性研究者が殆ど世に出ていないのは事実
それが何に起因するのか

6:匿名2014年12月23日 11:49 | 返信

>>5さんは恐らく若山氏に責任転嫁したいのでしょうが
小保方氏自身が公開したSTAP細胞の遺伝子がESに酷似している
という解析結果が出ているのですから、キメラ作成過程で不正が
あったとするのは無理ですよね

5:匿名2014年12月23日 11:32 | 返信

 自家蛍光と万能性を示す緑色蛍光の違いは何かと言うと、その光りの出す波長つまり色や光り方だそうですね。
 それで、STAP細胞の画像とES細胞、そして死滅細胞の光り方や色を比べてみると、STAP細胞の光り方は、ES細胞と同じように万能性を示す色に非常によく似ています。というか同じに見えます。
 そしてES細胞が混入したという説がありますが、これまで小保方氏は監視下で実験をしてきて論文に書かれた方法で記者会見で言っていた自分なりのレシピに基づいてSTAP細胞を作った訳ですからES細胞が混入するという事は否定される訳です。
 という事で、STAP細胞の小保方氏が担当していた部分については、以前から小保方氏が主張していた事を再現できたという事ができると言えるのではないでしょうか?
 しかし、問題は、そのSTAP細胞からキメラを作ろうとすると失敗するという事です。
 この部分は小保方氏の担当ではなく、別の人が担当しています。
 この部分の作業の方法は適切だったのでしょうか?この部分の作業が以前と違う方法を取っていて、STAP細胞からキメラが生成されない方法になっていたという事は考えられないでしょうか?
 一番気になるのが、STAP細胞の再現実験で否定的見解を最も早く出すのが中国系の研究所などであるという点です。
 中国と関係のある研究者やマスコミ関係者などは、STAP細胞を最初から否定しようとしている風にも感じますが、皆さんはどう感じられますでしょうか?

4:匿名2014年12月23日 09:47 | 返信

科学ライターを自称なさるのでしたら、遺伝子解析の結果や画像の使い回し、や小保方さんの学位論文結果中の画像(企業HPからのコピペ)などから目をそむけてはいけないのでは?
小保方さんの学位論文も、「学位授与に値しない」と早稲田大学から言われているのですよ。
小保方さんの事件は、「小保方さんがこれほど大事になるとは思わず、故意に実験結果をねつ造した」。そういう人間もいるということです。そして小保方さんのねつ造結果にひっかっかって(信じて)、Natureに投稿するために必要な結果を更にねつ造させてしまったり、信じたがために大々的に宣伝してしまった人間達がいたのです。乗ってしまった人間たちにも罪はありますが、周りを巻き込み騙してきた(死にまで追い込んだ)小保方さんの罪を消してはなりません。

3:匿名2014年12月23日 07:17 | 返信

こんな陰謀論シェアするの恥ずかしくないですか?

2:匿名2014年12月23日 01:45 | 返信

三十路は「少女」じゃないだろう
科学的にも

1:匿名2014年12月23日 00:28 | 返信

どうしてもSTAPは小保方氏の自家蛍光の誤認だとしたい人が多いようですが、
小保方氏は4月の会見で自らはっきりと自家蛍光でないことを確認したと明言しています

【質疑応答・全54問】小保方さんSTAP細胞記者会見全文
http://logmi.jp/10299
質問:STAP細胞ではなくES細胞が混入したのでは?
(不思議なことに、ここの「自家蛍光」だけ「自火傾向」というありえない誤字になっています)

このことから、STAPが本当にないものだとしたら(そうとしか思えないのですが)
それは、誤認などではなく、少なくともこの時点で間違える可能性を知っていたわけですから、悪意を持って意図的に嘘をついたとしか思えないのです

会見でこういったにもかかわらず、その後「自家蛍光の誤認では?」という報道が相次いでなされていますが、ライターの方々はもう一度手元の資料をよく確認し、正しい推測を行っていただきたいと思います

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。