>  >  > 4月4日に大事件が起こる!? 「血染めの月」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
BloodMoon.jpg
画像は「YouTube」より

 今月4日、「ブラッド・ムーン」と呼ばれる現象が起きる。ブラッド(血)ムーン(月)すなわち「血染めの月」とは、月が地球の影になって隠れる皆既月食の際、大気中の粒子によって月がオレンジ色や赤茶色に見える現象のことだ。その光景から、直感的に不吉な予感を覚える人も多い。

 また、昨年4月15日から今年の9月28日にかけては、皆既月食が4回続く(2度目は昨年10月8日、今回で3度目)「テトラッド」と呼ばれる現象の最中にある。テトラッドは、過去2000年の間に8回しか起きていない、極めて稀な現象である。今回は、これらの現象に合わせて大変なことが起きるとする「ブラッド・ムーンの予言」について考察してみよう。


■旧約聖書の記述が現実に!?

「ブラッド・ムーンの予言」とは、米国のマーク・ブリッツ牧師やジョン・ヘイギー牧師らが唱える「ブラッド・ムーンが起きた時期には、大きな混乱が発生している」という説に由来する。聖職者たちによる主張の元となっているのは、旧約聖書の一つである『ヨエル書』2章31節に記された「主の大いなる恐るべき日が来る前に、日は暗く、月は血に変る」(共同訳聖書より)という一文だ。この「月は血に変る」という記述が現実になったものとして、ブラッド・ムーンを解釈しているのだろう。

 実際、過去にブラッド・ムーンが4回続く皆既月食が起きた期間(テトラッド)には、ユダヤ教徒にとって重要な出来事が起きているようだ。たとえば1949年~1950年のテトラッドでは、イスラエルが国際連合の加盟国として承認された。1967年~1968年のテトラッドでは、第三次中東戦争が勃発し、結果としてイスラエルはガザ地区とヨルダン川西岸地区の支配権を獲得している。

BloodMoon_2.jpg
画像は「YouTube」より

 そして奇妙なことに、今回のテトラッドで起きる4回の皆既月食は、すべてユダヤ教の重要な宗教的祭事である「過越(すぎこし)」または「仮庵(かりいお)」の祭りとシンクロするのだ。ちなみに「過越」とは、神がエジプトに対して「すべての初子を撃つ」という災いを与えた時、ユダヤ人は仔羊の血を戸口に塗ることで「過ぎ越し」た伝説にちなむ祭りである。また「仮庵」とは、エジプトを脱出したユダヤ人が、荒野で天幕(テント)で暮らしたことを記念する祭りだ。

コメント

2:匿名2015年4月 3日 01:43 | 返信

そのブラッドムーンとやらは具体的に何時頃、全国的に見えるのかとかの情報も載せてくれればいいのに。
書いてあれば今週末見てみようと思う人もいるだろうに、もったいない記事ですね。

1:匿名2015年4月 3日 01:21 | 返信

そのブラッドムーンとやらは具体的に何時頃に見えるのかとか、全国的に見えるのかとかの情報を載せれてくれればいいのに。
書いてれば今週末見てみようと思う人もいるだろうに、ないから「あっそう」で終わる記事になってる。
いや、クレームを書いてしまうくらいだから不満の残る記事なんだろう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。