>  >  > 【池袋暴走】てんかん患者の交通事故リスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

てんかん

,

交通事故

,

医学

,

池袋

,

研究

,

自動車

 今月16日の夜、東京・池袋で乗用車が暴走して歩行者5人が死傷するという悲惨な事故が発生した。逮捕された医師・金子庄一郎容疑者(53)には、てんかんの持病があり、治療を受けていたことが判明している。

epilepsy.jpg
画像は「ANNnewsCH」より引用

 事故との因果関係は今後の捜査を待たなければならないが、てんかんの患者が運転中に発作を起こして交通事故に至るケースはしばしば報道で大きく取り上げられるため、社会には「てんかん患者からは運転免許を剥奪すべき」「てんかん患者は事故予備軍」との極端な意見も散見される。


■てんかん患者と交通事故リスクの真実とは!?

 しかしこの点について、科学は客観的な視点にもとづき冷静な判断を下している。今年5月7日、学術誌「Epilepsy & Behavior」上に発表されたホフストラ・ノースショアLIJ医科大学(米・ニューヨーク)のPuja Appasaheb Naik博士(精神神経学)らの研究は、てんかん患者であるドライバーの方が一般ドライバーよりも高い交通事故リスクを示すと断言することはできないと結論づけているのだ。さらに驚くべきことに、糖尿病や心臓病を患っているドライバーのほうが、てんかん患者のドライバーよりも交通事故のリスクが高い可能性もあるという。

 研究グループは、世界最大級の医学文献データベース「PubMed」で1996年以降に発表された、てんかん患者と交通事故をテーマとする8件の研究について精査した。すると、そのうちの2件において、「てんかん患者の交通事故率は一般ドライバーよりも低い」ことが判明。もっとも3件においては、その逆を示していたものの、さらに残りの3件では、そもそも「てんかんの発作が原因である交通事故は2,800件につき1件」と稀であり、死亡事故の発生率を見れば、「他の疾患(糖尿病や心臓病など)に起因するものは26倍」、「アルコール中毒に起因するものは156倍も高い」ことが明らかになっている。

関連キーワード

コメント

5:匿名2015年8月19日 21:50 | 返信

てんかん患者は人口の0.5~1%と言われているし、2800件中1件もあったら多いと思うが

4:匿名2015年8月19日 07:41 | 返信

そりゃ人間が運転する自動車はすべて違法化したほうがいい、という言説が出るのも当然だよな。
実際、自動車への規制強化、取り締まり強化、罰則の強化がまだまだ足りていないからこそこんな惨劇が起こるわけでね。
交通安全根本対策は自動車抑制にあり でネット検索すると自動車害の酷さと規制強化の必要性がわかる。

3:匿名2015年8月19日 06:41 | 返信

じゃあ、てんかん持ち以外も規制強化すりゃいい。
それで公平だ。

2:匿名2015年8月19日 01:46 | 返信

被害者オッキー(=お気の毒に思います)

1:オバチャン2015年8月18日 22:17 | 返信

飛行機は落ちるから、事故になったら助からないから怖い

とか言う輩と同じだろう。飛行機事故もてんかん患者の運転事故も頻度は少ないが
目立つから脳裏に残り危険だと思うのだと思う。

鉄の塊が空を飛ぶのはとかなら心情的にわかるけど

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。