>  > “幸福の国”が薬物汚染でハイ(灰)になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
1510_bhutan.jpg
画像は、Arian Zwegers Paro, Taktsang Goemba (Tiger's Nest)/from Flickr CC BY 2.0

 北は中国、東西南はインドと国境を接する“幸福の国”ブータン。人口75万人ほどの小さな同国で現在、薬物事犯の逮捕者が2年前の倍に上るほど急増、薬物汚染が深刻な問題となっている。覚せい剤使用者、所持者には重罪が科せられる同国だが、日本からはその刑期を疑問視する声が多数上がっている。

 2011年に来日したワンチュク国王が「イケメンすぎる」と話題になったことが記憶にも新しいブータン。同国はGDP(国民総生産)ではなく、GNH(国民総幸福量)という独自の指標を掲げている。さらに、GNHの最大化を目標としており、2005年の国勢調査では、国民の97%が「とても幸せ」と「幸せ」と回答。“幸福の国”として知られている。

 しかし現在、そんなブータンで薬物が蔓延し、逮捕者は1,000人を超える勢いだという。中には14歳から覚せい剤を使用する若者も見られるなど、その背景には高い失業率や、インドと国境を接するブータン独自の事情があるようだ。

 ブータンのドラッグ常習者である20代の男性は、「ドラッグ? みんなやってるよ」と、さも平然と語る。さらに、「ドラッグはタブレット型の合成麻薬で、種類はスピードとかいろいろさ」と各種の覚せい剤を使用しているようで、値段は1ケース150ヌルタム(267円)からやや値上がりし、最近では250ヌルタム(445円)になったとのこと。なお、入手方法については「インドから持ち込んでる知り合いから」だそうだ。

“幸福の国”とは思えないこのブータンの薬物事情に、世間からは「偽りの幸福に疲れたんだろう」「シャブセックス的な幸福?」「幸福なのにドラッグかい?」「幸福の科学ってか」など揶揄する声が上がった。また、「中国あたりが意図的に流してる気がする」「悪の裏には必ず中国がいる」など、インドからのドラッグ流入に中国が絡んでいると睨む人も見られた。

コメント

3:匿名2015年12月 3日 17:47 | 返信

ネット記事は過激でなんぼであろうから、こういった書き方になるのは多少致し方ない面もあるのかも知れないが、「覚せい剤でハイ(灰)となり、違う意味で“幸福の国”となっているブータン」と言い切るには根拠が乏し過ぎる。これだけの情報でブータンが薬天国であるのなら、小学生が大麻で補導された日本はどうなる。日本以上に薬物が蔓延する欧米は?

ちなみに、ブータンは今現在「幸福な国」なのではなく、山を降りた先の世界に住んでいる人間達が目指している「幸福」とは違う幸福を目指している国であるそうだ。よって「幸福じゃないじゃん」という指摘は当たらないとのこと。ブータンの高官の話によれば、だが。

2:匿名2015年10月26日 13:01 | 返信

つつましやかに誠実に暮らしていた生き物が
外部からひっそり持ち込まれた、欲望を助長する麻薬によって
金と快楽と争いを好むようになってしまい、
最後には星ごと滅びてしまう火の鳥のお話を思い出す。

1:匿名2015年10月 8日 04:23 | 返信

中国による麻薬を悪用した間接的な戦争行為で間違いない。中国は19世紀に列強各国にされた事(アヘンの蔓延による清国の国力喪失)を周辺国に対してやり返している。傍目には薬物事件(刑事事件)のように見えるが、実際には10年、20年のスパンで国力を弱めるための戦時活動。欧米は今のところ好きにさせているが、いずれ介入するタイミングを常にうかがっている。日本も同じ事をされているが公にはなっていない。薬を合法化しろなどとほざいているのは売国奴で敵国の犬。信じてはいけない。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。