>  >  > 少女が「Wi-Fiアレルギー」で死亡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント16
wifi1214.jpg
画像はジェニー「Yahoo」より引用

 今年6月、イギリスに住む15歳のジェニー・フライが、自宅近くの木で首を吊って死亡しているのが見つかった。少女を自殺へ追い込んだのは、学校でのイジメやドメスティック・バイオレンスではない。原因はWi-Fiだ。今、こうして記事を読んでいるあなたの周りにも、当たり前のように飛び交っているWi-Fiの電磁波が、ジェニーを苦しめ生きる気力を奪ってしまったのだ。

ジェニーは電磁波過敏症で苦しんでいました。彼女はWi-Fiや携帯電話、携帯の基地局などから放射される電磁波を感じ取ってしまい、頭痛や疲労、集中力の低下に悩まされた挙句、肉体も精神も衰弱してしまったのです

 母親のデブラ・フライは、何とかジェニーを電磁波から守ろうと苦心したが、その想いは報われなかった。

 フライ家では、ジェニーに悪影響を及ぼすWi-Fiや携帯電話を徹底的に排除した。その結果、自宅にいる時の彼女は普通に生活することができた。

 だが、再三にわたって両親が改善を要請したが、彼女の通っていた学校が電磁波への対策に乗り出すことはなく、ジェニーの担任教師からは最後まで理解を得られなかったと言う。

 ジェニーが残した遺書には「これ以上Wi-Fiの電波には耐えられない」と書かれていた。

 2005年にWHOも電磁波過敏症の存在を認めているのだが、なぜそのような症状が現れるのか、科学的根拠は見つかっていない。そのため、患者が電磁波による苦しみを訴えても、医師から適切な処置を受ける事は難しい。

 ただし、ある産業医学グループの調査によれば、100万人当たり数人は電磁波による健康被害を受けていると推定している。

 今年8月には、アメリカのマサチューセッツで暮らす家族が、12歳の息子はWi-Fiの影響で体調を崩したとして、通っていた学校を告訴している。学校が2013年に、それまでよりも強力なワイヤレス環境を導入したことによって、少年は症状が深刻になったと訴えているのだ。

 ちなみに、電磁波過敏症による主な症状として報告されているのは「目の痛みや見にさ。皮膚の乾燥や炎症。鼻づまり、鼻水。顔のほてり。口内炎。歯や顎の痛み。頭痛やうつ。異常な疲れと集中力の欠如。吐き気。肩こり、関節痛。呼吸困難。手足のしびれ」などである。

コメント

16:匿名2016年7月 2日 18:46 | 返信

どう考えても精神科案件だろ

15:SJ2016年5月10日 18:00 | 返信

例えば、つい近年まで勤務場所、家庭、公共の場、歩きで、また映画のシーンの中で、人前でタバコを吸うのは当たり前の風景で、誰も発がん性など気にせず知らず、成人への政府の規制もありませんでした。
当時の人間と現在の人間は同じ人でありながら全く違う認識をもっていました。
もしかすると電磁波過敏症なども同じ境遇かもしれません。

14:匿名2016年1月 5日 16:51 | 返信

田舎に引っ越せば良かったじゃん。つまり親のせい

13:匿名2015年12月18日 09:00 | 返信

「電磁波」で検索して飛んでくる工作員がまるでハエ・蚊のようだw
2chでも個人ブログにもたかってくるが、なぜそんなに必死なのかね?
鬼治外だ・病気だと言いながらべったり張り付いてくる
どちらが鬼治外で病気なのやら。。。
あっ察しwww

12:匿名2015年12月17日 19:56 | 返信

二重盲検法に耐えない段階で精神疾患の可能性が非常に高いとしか言えない。
でも自称電磁波過敏症の方々はそれを決して認めようとはしないので、結果治療は出来ないという事になる。

11:匿名2015年12月17日 18:55 | 返信

テレビのオンオフがわかるのは水平同期の15kHzが音として聞こえてるので、可聴域が広い人は知覚できます。人間に電波の感覚器はないので、歯の詰め物がアンテナになってたとかの特殊事例でなければ知覚できません。だいたい、電波と一言に言っても周波数違えば性質も変わるので、電波ならなんでもと言いだしたら気のせい。

10:匿名2015年12月17日 17:08 | 返信

フランスの裁判所、電磁波アレルギーの女性に障害者手当の支給を認める。
で検索。


世界保健機関は、長期的な健康への影響について調査が必要である、ともしているんだよね。

9:匿名2015年12月17日 11:32 | 返信

記事にあるWHOの報告書(2005)
http://www.who.int/peh-emf/project/ehs_fs_296_japanese.pdf
「2005年にWHOも電磁波過敏症の存在を認めている」は、正確に言うと「自分は電磁波過敏症だと訴える人が一定数存在する」ことを認めている。
しかし、患者と健常者を詳しく調べたところ、患者は電磁波によって健康を害されていると思い込んでるだけの可能性が高い(プラセボ)と同じ報告書に書いてある。つまりWHOは電磁波過敏症は科学的な根拠がないという立場であって、この記事はあきらかにミスリード。

8:匿名2015年12月17日 08:43 | 返信

「精神的なモノでは無い」という主張の根拠として、論文とかは一切なく「コワ~い不動産の話」とかいう誰が書いたのかもよくわからないような一般書が出てくる時点でお察し。

7:匿名2015年12月16日 22:50 | 返信

自殺の時点で電波で殺されてない

6:匿名2015年12月16日 22:13 | 返信

「コワ~い不動産の話」の152頁の、

携帯基地局に気をつけろを読むと、決して

精神的なモノでは無いと言う事が解る。

ましてや精神病の類いでは無いと思う。

5:匿名2015年12月16日 15:30 | 返信

携帯の基地局が建って、電磁波で健康被害がー!と騒いだババアがいて、
実はその基地局はまだ稼働していなかった、てな話もあったな。

これは精神病の一種だよ。

4:匿名2015年12月16日 05:04 | 返信

>>3
なんとか信者ではないのですが・・
例えば、人工的に生成されたものを異物と捉えた・・という説明は出来るかもしれない。
勿論、自然界にもそれなりに存在するのだけれど、
分布と伝搬が異質と仮定した場合、その違いが今の科学で測定できない限界領域と解される。
例えば、"探偵!ナイトスクープ"の"テレビのオンオフが分かる特殊能力"の回などは、それに近い気がします。

3:匿名2015年12月16日 02:15 | 返信

これ書いた奴はまず電磁波が何か分かってないだろ
少しは調べてから書き直したほうがいいんじゃないかね
 
フライ家にも矛盾は多い
家に携帯を置いていなかったとしても多くの電磁波が飛び交っているわけだ
隙間なくシールドを用意して防御でもしたんかね

2:校正課2015年12月15日 01:36 | 返信

修正前:目の痛みや見にさ
修正後:目の痛みや見え辛さ

誤字・脱字が多いですね。しかも指摘されても修正しないという強心臓w

1:匿名2015年12月14日 17:37 | 返信

アメリカのグリーンバンクってところは「電波のない街」として知られ、電磁波過敏症の人たちの憩いの街になっているらしいね。
彼女もそこに行ければよかったんだけど…。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。