• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
SecretWitches.jpg
画像は「魔女の秘密展」より

 現在、東京・原宿のラフォーレミュージアムにて「魔女の秘密展」なる催しが行われている(会期:2月19日~3月13日)。『“魔女”とは誰だったのか?』をテーマにした展示会としては日本初の試みであり、昨今のスピリチュアルブームや、魔女が登場するアニメ「山田くんと7人の魔女」などの人気が背景にあることは間違いないだろう。では、同展示会において、本当に魔女の秘密がすべて明かされているのだろうか? 現代を生きる本物の魔女である筆者も足を運び、じっくり確かめてきた。


■可もなく不可もない、無難な展示内容

 さて、会場には昨今の魔女アニメのイラストや、日本昔話の「鬼女」、中世ヨーロッパにおける魔女のイメージ確立につながった「サバト」という集会の絵など、多数の作品が展示されていた。

 周知の通り、中世ヨーロッパ社会におけるキリスト教絶対主義の暗黒時代には、ペストや飢饉などさまざまな災難や社会不安のスケープゴートとして「魔女狩り」が行われていた。いつの時代も、人間は自らの不幸を誰かのせいにすると気持ちが楽になる。「世の中が不幸なのは魔女のせいだ」と思った方が、解決策が見えない苦しみの中で生きるよりも楽なのだ。

SecretWitches_2.jpg
ルイ=モーリス・ブーテ・ド・モンヴェル
「サバトへ行く前のレッスン」(1880年)

「魔女」と名指しされた女性には、現代でいうところの漢方のような薬草治療をしていた女性や、特に理由もなく密告によって罪を押しつけられた女性もいた。当時は、魔女の密告が義務づけられていて、人びとは我が身を守るためにも少しでも怪しいと思った人物を告発したのだ。

「魔女」と認定された者は、まず魔女裁判にかけられ、誘導尋問を受ける。そして、「自分が魔女である」と自白するまで拷問は続く。それは、指を1本ずつ潰されたり、釘だらけの「魔女椅子」に座らされたり、水攻めされるなど、残酷極まりものばかりであった。このような恐ろしい風習は16世紀まで続き、なんと、あのプロテスタントの創始者マルチン・ルターさえも魔女の火炙りを肯定していたという経緯がある。

――と、実はここまではよく知られた話である。しかし、残念ながら今回の催しで触れられていたのはここまで。もっと深刻な「魔女の秘密」は、タブー視されたためか展示されていなかったのだ。このような不十分な展示を補足する意味でも、現代を生きる本物の魔女として、歴史の闇に葬り去られかけている「魔女をめぐる最大の秘密」を2つだけ紹介することにしよう。

関連キーワード

コメント

5:匿名2018年6月13日 22:38 | 返信

んっふっふっふっ。面白い子ね。

まず、ユダヤ=魔女 ではなく、ユダヤ=悪魔=魔女。ちなみに、当時の魔女術の主要なものは薬草学と助産。助産が教会と被る。

それと、当時の法律では、魔女の財産は教会が全没収だった。身代金なんて中途半端なことはしない。全取り。

4:匿名2017年6月25日 01:26 | 返信

当時の魔女術って単純な呪いとか薬草学とかだろ?
今みたいにカバリズムを学んでるとは思えないんだが

3:匿名2016年3月 7日 22:53 | 返信

でーたー
魔女だーw

2:匿名2016年3月 6日 10:44 | 返信

なんてことない誤字をドヤ顔で指摘恥ずかしい

1:匿名2016年3月 6日 00:53 | 返信

抑えられてる

押さえられてる

魔女は漢字不自由なんだなWW

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。