>  > ペニスとヴァギナを持つ美形モデル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ペニス

,

モデル

,

ヴァギナ

,

狐月ロボ

 これまでにTOCANAでは、奇病や奇形を患ってこの世に生を受けた人々を紹介してきた。遺伝的な疾患や環境汚染の弊害など、原因は千差万別だが、持って生まれたそれらの症状は、少なからず人格形成や人間関係の構築において影響を及ぼす。

 こちらの写真をご覧頂きたい。

harison1.jpg
画像は、ハリソン・ヤング「DailyMail」より

 彼の名前はハリソン・ヤング。オーストラリア生まれの22歳で、モデル業を生業としている。

 まさにイケメンのお手本とも言うべき端正な顔立ちで、これほどの美形ならば人生に悩むこともなさそうだが、彼の歴史は波乱に満ちていた。

 なぜならハリソン・ヤングは、男性器と女性器を持って生まれてきた両性具有者なのだ。

 両性具有とは、インターセクシュアルや性分化疾患とも呼ばれ、男性と女性の特徴を併せ持って生まれてくる症状である。原因は染色体の組み合わせの異常や、男性ホルモンの分泌の異常などが考えられているが、全てが解明されているわけではない。

 ハリソンは、ペニスとヴァギナを持って生まれてきたことで、その数奇な人生が幕を開けた。


■女の子として生まれたハリソン

 1993年、ハリソン・ヤングはオーストラリア南海岸のナウルで誕生した。正確には、彼が誕生した際に両親がつけた名前はソフィアだった。両親はもとより、母親が出産した病院の関係者ですら、生まれてきた子供が「普通の女の子である」と信じて疑わなかったからだ。

 ソフィアは発育に遅れがあったものの、両親からの愛情を受けて、オーストラリアの自然の中で成長していった。

 しかし、彼女が8歳の時に大きな問題が起こる。

 ある日を境に、ソフィアが骨盤のあたりに痛みを訴え始めた。病院で検査を受けた結果、衝撃的な事実が判明する。

 X線写真に写し出された彼女の卵巣は、通常ではではありえない位置にあった。さらに、彼女のクリトリスが、本当はペニスであることが判明。つまり、ソフィアは生後8年が経過して、初めて両性具有者であることが明らかとなったのだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。