>  >  > なぜ人間は一種類だけなのか? 驚愕の真実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

――科学分野だけではなく、オカルト・不思議分野にも造詣が深い理学博士X氏が、世の中の仰天最新生物ニュースに答えるシリーズ

 私たちの身の回りには多種多様な生物が存在するのに、なぜ人間は一種類しかいないのだろう? そんなことを考えたことはないだろうか。たとえば、カブトムシやクワガタムシの仲間は日本に6~7種、世界中には1300種ほど存在するといわれているが、直立二足歩行する生物はヒト(ホモサピエンス)しか存在しない。この単純ながら非常に難しい問題に、新たな視座を提供する興味深い研究が報告された。今月16日付の英紙「Daily Mail」が報じている。

mushi0923.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

 一般的に、古い種ほど多様だといわれ、種分化する時間が長ければ長いほど多様になるという単純な理屈だ。しかし、40億年ほど前から存在すると考えられている、Methanopyrus kandleriという微生物の一種には近縁の種がいない。また、時間の長さではなく、変異するスピードが速い生物種ほど多様性に富んでいるという仮説も存在する。

だが、米アリゾナ大学のジョシュア・ショール氏らが今月7日に発表した論文によると、種の多様性に関連しているのは種の多様さそのものだという。界(分類学における最上位の階級)レベルにおいてその傾向は明らかで、彼らの計算によれば、植物は動物の2倍速く進化するという。つまり、虫などの多様な種ほど進化速度が速く、新たな種も生まれやすくさらに多様になっていくということだ。


■もう進化は必要ない!?

 さて、この説によれば、多様ではない種は進化速度が遅いということになる。では人間の進化速度はどうなのだろうか? かつて地球上には我々ホモサピエンスと同じくヒト属に属する、ネアンデルタール人やデニソワ人などが存在していた。しかし、ご存じのとおり、彼らはすでに絶滅してしまった。ヒトの近縁種はすでに絶えてしまっている。ヒト科にはヒトのほかオランウータンが、ヒト亜科にはゴリラやチンパンジーが含まれるが、彼らもまた絶滅危惧種だ。

hito0923a.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

 絶滅は進化においてごく普通のことで、これまで地球上に誕生した種の99%は絶滅したと見積もられている。ヒトは進化の袋小路に陥ってしまっているといわれるが、実際、ヒトは進化の可能性が小さく、いずれは絶滅に追いやられてしまうのだろうか? 生物学に詳しい理学博士X氏に意見を求めた。

「進化速度が問題になるのは、その種が存続の危機に瀕している時です。それまで生存を続けてきた環境が激変し、適応しなければ生き残れないという状況になった場合です。逆にいえば、生存に適した環境さえ存続していれば、進化など必要ないんですよ」

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。
スーパーフードの王様 マヤ文明の知種(チアシード)