>  >  > 元ロシア軍人が「南極ピラミッド」を暴露!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

NASA

,

ピラミッド

,

ロシア

,

南極

,

温暖化

 人類最大の懸念事項の1つ「地球温暖化」。その影響は多岐に渡るが、もっとも知られているのは南極、北極の氷の融解だろう。海面上昇による島の水没など、科学者らが警鐘を鳴らしているのはご存知の通りである。しかし、氷の融解による影響はそれにとどまらなさそうだ。


■北極と南極に隠されている建造物

nankyokupyramid_05.jpg
画像は「Science」より引用

 たとえば先月、北極圏グリーンランドの氷が融解することで、冷戦期の米軍施設が地上に露出、有毒物質を撒き散らす可能性があることが判明したと複数メディアが報道した。同施設には、放射能汚染された冷却水や人体に有害なポリ塩化ビフェニルなどが大量に遺棄されており、このまま氷が溶け続けると、今後75年以内に深刻な環境汚染を引き起こす危険性があるという。

 世界中に衝撃が走ったニュースであったが、北極の正反対に位置する南極大陸では、さらに驚愕の建造物が氷床の下に隠されており、露出しないよう隠蔽されているとの情報が入ってきた。なんと、南極大陸には「古代ピラミッド」が埋まっているというのだ。


■南極ピラミッドは存在する!?

 元ロシア軍人エウゲネ・ガブリコフ氏は、露オルタナティブニュースサイト「karamola.info」のインタビューで、南極大陸に古代ピラミッドや次元転移装置などが隠されていると証言。さらには、ナチスドイツの軍事施設跡らしきものまで残されていると暴露したのだ。

nankyokupyramid_01.jpg
ガブリコフ氏「Area Zone 51 & UFOs」より引用

 ガブリコフ氏によると、すでにアメリカもこれらの情報を入手しており、アメリカが京都議定書を批准しなかったことにも深く関わっているという。それというのも、南極大陸の氷が溶け出しているのは温室効果ガスの影響ではなく、氷の下に隠されている謎の物体が大きく関わっているからだそうだ。

nankyokupyramid_02.jpg
画像は「Area Zone 51 & UFOs」より引用

 一体どういう経緯でガブリコフ氏がこれほどの“機密情報”を入手したかは明らかにされていないが、確かに2012年に、欧米の研究チームが南極大陸で3つのピラミッドが発見したかもしれないという衝撃のニュースが報道されていた。これらのピラミッドが、ガブリコフ氏が言及しているものと同一であるかは確認できていないが、南極に未知の古代文明が眠っていると度々指摘されてきたことは確かだ。

関連キーワード

NASA

コメント

3:匿名2016年10月10日 13:35 | 返信

TOCANA  毎度、好奇心がそそられます。
ネットが普及しているせいか、ひと昔前にTV番組によくあった
矢追さんや並木さん自らが現地に飛び込んで取材をし、放送していた
オカルト好き番組が思い出されます。
都市伝説番組に終始するのではなく、ジャーナリスト自身が、現地へ
向かって突撃取材をした番組放送の復活が、望まれますね。

2:匿名2016年10月 7日 20:15 | 返信

南極の氷は逆に増えているとNASAが報告済。

1:匿名2016年10月 7日 20:06 | 返信

ピラミッドに限らず、すでに温暖化の影響か氷の割れ目から、古代の知的生命体の遺跡や他が露出
していますが。それをなぜ 公表しないのか?googleにも しっかり映っていますけど。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。