>  >  > 【NWO】秘密の世界会議に出席する方法を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
bilder2016tilesm.jpg
truthstreammedia.comより

 陰謀論が好きな方はご存知の通り、世界の未来はごく一握りのひとびとの会議によって決められている。世界の運命についていち早く知るためにわれわれが、そのような秘密会議に出席したり、発言したりする方法はないのだろうか?

 実はそのような方法がないこともない。われわれ一般人が秘密の世界会議に出席するための裏ワザをまとめてみよう。

1. ダボス会議(世界経済フォーラムが毎年1月にスイス東部の保養地ダボスで開催する年次総会/2016年はイスラエル首相ネタニヤフからレオナルド・ディカプリオまで出席)

davos12208.jpg
画像は、「www.weforum.org」より

 世界の秘密会議の中でわれわれが出席できる可能性が一番高いのはダボス会議だろう。正式名称を世界経済フォーラムという毎年一月末にスイスのリゾート地で開かれる「選ばれた人々による国際会議」だ。ダボス会議の出席者は完全な招待制で、会議に参加できるのはそのときどきのグローバルリーダーとして認められた2500名ほどのエリートだけである。

 簡単に言えば、ビル・ゲイツやイーロン・マスクのような世界を動かす企業家であるか、メルケル首相、トランプ次期大統領のような世界を動かす政治家であるか、ないしはイエレンFRB議長、潘基文 国連事務総長のように世界的な組織のトップにいるか、ボブ・ディランやムハマド・ユヌスのようにその思想で世界を動かすような人しか招待されない。

 ダボス会議のひとつの目的は「そのような世界的なエリートの意見を聞く」ことにあるため、会議に招待されるためにはそれなりのエリートでなければいけないわけだ。しかし抜け道はある。


・招待する側にまわる

「自分はそんな会議に招待されるほどのエリートではない」という日本人にとって一番簡単な出席方法は「招待する側にまわる」ことである。

ダボス会議の母体は約1000社のグローバル企業によって構成されていて、各社のCEO(つまり一番のトップ)はダボス会議に出席する権利を持っている。その1000社のどれかに入社してCEOになれば、一般の日本人でもダボス会議に出席することができるのだ。

 会員企業のリストを見ると三井物産、東京海上HD、三菱東京UFJ銀行…といった企業名が並んでいる。問題は「どうすればそれらの企業トップになれるのか?」であろう。

「一般人が三井物産のトップに立てるとは思えない!」

 なるほどそうかもしれない。しかしよく見ると業績が傾きかけている大企業も会員リストに散見される。

 若くて野心のある方ならハゲタカファンドに入社してはどうだろう。ダボス会議のメンバーの中で傾きかけた会員企業を買収し、立て直すためのCEOとしてその企業に乗りこむ。この方法なら30代から準備を始めて、40代半ばでダボス会議の正式な会員として出席することが可能である。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。