>  >  > 実は不要ではなかった「盲腸」!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

三橋ココ

,

人体

,

善玉菌

,

外科

,

手術

,

盲腸

 いわゆる“盲腸”である虫垂は必要のない臓器といわれ、長い間ないがしろにされてきた。「他の手術のついでに盲腸も切ってもらう」や、「医学が発達していない国に住む場合、盲腸は取っておいた方が安心だ」などという話を耳にした方もいるだろう。しかし、それは大いなる誤解であったのだ。実は虫垂は非常に重要な役割がある臓器だということが最近の研究で明らかにされた。


■人体の虫垂は進化適応を続けてきた

 虫垂とは大腸の一部であり、右下腹部にある盲腸の端から細長く飛び出している突起状の部分を指す。よく「盲腸になった」というが、それは虫垂部分が炎症を起こしているので、正しくは「虫垂炎」と呼ぶべきらしい。

humanappendix1.JPG
Daily Mail」の記事より

 虫垂を持つのは人間だけではない。ウサギやチンパンジー、ゴリラなど500種以上の哺乳類も虫垂を持っている。しかし今までなぜ、虫垂が存在するかは知られていなかった。

 米国アリゾナ州にあるミッドウェスタン大学アリゾナカレッジ、オステオパシー医学教授のヘザー・スミス博士は、その虫垂の謎を調べるために533種の哺乳類の虫垂の進化状況を調査した。この研究は国際チームと共同で行われ、スミス博士は各哺乳類の虫垂の変化を図にした。

 その結果驚くことに、調査した500種以上の哺乳類全ての虫垂で“進化による変化”はほとんど見られず、人間も同様であった。これはつまり、“使われる器官は発達し、使われない器官は消失していく”とするダーウィンの進化論から言えば、今もずっと人間の身体に存在し続ける虫垂は使われる器官であり、何らかの存在意義があることを意味しているのではないだろうか?

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。