>  >  > 天皇の金塊に秘められた衝撃の家系図
「ムー」編集長・三上丈晴の【ムー的書籍探訪】 第20回

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

「ムー的書籍探訪」

,

三上丈晴

――「世界の謎と不思議に挑戦する」をコンセプトに掲げ、UFOからUMA、都市伝説、陰謀論……と、さまざまな不思議ジャンルの話題で、読者に驚きと感動を与えてきた学研「ムー」。ここでは、そんな「ムー」を操る三上丈晴編集長が厳選した“マストブック”を紹介しながら、世の中の不思議に深く触れていただきたい。

【Tocana Reader's MustBook No.20】
170131_mu.jpg
高橋五郎著『日本の黒幕』 (学研プラス)

 世界は陰謀に満ちている。

 すべては“オフレコ”という合言葉のもと、真実は“暗黙の了解”とされ、マスコミ用の“建前”が発表される。為政者にとって陰謀は当然である。謀略あっての政治であり、現にスパイという名の諜報員が存在するのは、そのためだ。

 かつて、ミカドのスパイと呼ばれた男がいた。アンヘル・アルカッサール・デ・ベラスコだ。ユダヤ系スペイン人で、ヴァチカンやナチス・ドイツ、そして日本など、いくつもの国や組織のスパイを担ってきた大物だ。

 スパイゆえに、歴史の表に出ない情報を握っている。彼にいわせれば、教科書に書かれた歴史など、まったくのデタラメだ。ドキュメンタリー映像プロデューサーで、作家の高橋五郎氏は、ベラスコの寵愛を受けた男のひとり。彼はベラスコから第2次世界大戦の真実を聞かされ、それをもとにいくつかの著書を著している。

 新刊『日本の黒幕』(学研プラス)では、天皇の金塊にまつわる戦後日本の政治の実態を暴露している。昨今、評伝がベストセラーとなり、ちょっとしたブームの感さえある田中角栄は、莫大な霞ヶ関埋蔵金をいかに動かしてきたのか。田中角栄のバックには、誰がいたのか。そして、なぜロッキード事件で失脚したのか。それらの真相は、すべて天皇の金塊に端を発しており、恐るべき金融トリックが行われていることを国民は、誰も知らない。

 詳細は本書に譲るが、ひとつ興味深い情報がある。世界銀行の元職員にカレン・フーデスという女性がいる。内部告発をしたことによって、事実上、クビになり、国家の監視下に置かれていることでも知られている。

 フーデスによると、イギリス王室のビクトリア女王は二卵性双生児だったという。双子のもうひとりは男性で、トラノと名づけられた。だが、トラノ王子の素行がけっして王室にふさわしいものではなかったため、彼の存在は闇に葬られ、フィリピンの王家へ里子に出されることとなった。

 長じて、ビクトリアは女王となったが、兄弟であるトラノ王子は世界漫遊の旅に出て、自由気ままな人生を送る。王室に戻らなかったとはいえ、彼は王子である。王室の人間であることは変わりはない。

 問題は、そのトラノ王子の子供である。わかっているだけで、ふたりの男児がいた。彼らは母親が異なり、それぞれドイツと日本の政治家及び軍人として名をはせることになる。驚くことに、そのひとりがナチス・ドイツの総統、アドルフ・ヒトラーであり、もうひとりは旧日本軍の陸軍大将、山下奉文だった。つまり、ヒトラーと山下は異母兄弟であるばかりか、ビクトリア女王の甥だというのだ。

 天皇の金塊はコードネーム、ゴールデン・リリーという。日本の皇室が菊を象徴とするように、リリー=ユリとは、イギリス王室の象徴である。山下奉文は最後まで、フィリピンに眠る天皇の金塊を守った。

 一方、ナチス・ドイツの財宝はコードネーム、ブラック・イーグルと呼ばれた。黒鷲とはナチスの紋章であるとともに、古代ローマ帝国の紋章でもある。現在のイギリス王家も系図からすれば、ドイツ系だ。かつて神聖ローマ帝国と称したドイツ王家もまた、さかのぼれば古代ローマ帝国の貴族へとつながっていく。

 はたして、カレン・フーデスの情報は正しいのか。真相は不明だが、天皇の金塊にまつわる奇譚と整合性があることだけは事実だ。

●三上丈晴(みかみ・たけはる)
1968年、青森県生まれ。学研「ムー」の5代目編集長。筑波大学を卒業後、学習研究社(現・学研)に入社。「歴史群像」編集部を経て、入社1年目より「ムー」編集部に所属。

●「ムー」
出版社:学研パブリッシング/発売日:毎月9日/税込価格:670〜690円/発行部数:7万部/概要:「世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリーマガジン」として、UFOや超能力、UMA、怪奇現象、オーパーツ、陰謀論など、オカルト全般を追求する情報誌。
公式HP<http://gakken-publishing.jp/mu/

★これまでのまとめ読みはコチラ

日本の黒幕 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)

日本の黒幕 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)

ヒトラーと日本のアノ関係性が明らかに

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。