>  > 世界の有名企業ロゴの秘密6選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 各企業のロゴは、一見するだけでそのブランドをイメージさせる、いわば企業の顔とも言うべき大切な役割を果たしている。それぞれ製品の名前や関連したデザインが組み込まれているが、中には裏の意味や意外な由来、願いなどが隠されたロゴもあるらしい。


■有名企業ロゴの秘密

1. FedEx

brandlogos1.JPG
 「Daily Mail」の記事より

 よく紹介される、二重意図を持つデザインの筆頭格。1994年に作られたロゴで、よく見るとEとxの間に白地の矢印(→)が隠されている。これは国際航空便を取り扱う会社ならではの管理とスピード、そして正確さを表現しているという。


2. Amazon

brandlogos2.JPG
 「Daily Mail」の記事より

 文字の下のオレンジ色の矢印に注目してみよう。矢印が「a」から「z」に伸びているが、つまりこれはaからz、最初から最後までを意味し、アマゾンにはどんな商品も全て揃っている事を示している。と、同時にこの矢印はニッコリ微笑んだ唇にもなっていて、顧客の満足度を表しているという。


3. Formula 1

brandlogos3.JPG
 「Daily Mail」の記事より

 モータースポーツの最高峰・F1(フォーミュラ・ワン)のロゴは、赤い部分が高速スピードで風を切るイメージとなっている。そして黒字部分の「F」に続き、中央空白箇所には「1」が浮き上がるようにイメージされ、“F1”と続いているところが秀逸だ。


4. サーティーワンアイスクリーム

brandlogos4.JPG
 「Daily Mail」の記事より

 創業者である2人、バスキン(Baskin)とロビンス(Robbins)の頭文字を組み合わせたBRの中にはピンクの「31」が隠されている。これは「1カ月(31日間)毎日違ったフレーバーを楽しんでいただきたい」という願いが込められているのだ。世界50カ国に進出しているが、実は海外では“バスキン・ロビンス”名で親しまれており、企業名が“サーティーワンアイスクリーム”なのは日本と台湾のみという意外な事実のほうがトリビアネタかもしれない。


5. VAIO

brandlogos5.JPG
 「Daily Mail」の記事より

 2014年6月までソニーが販売し、現在はVAIO社に事業移管しているパソコンのシリーズブランド・VAIOのロゴはVとAがくっついているデザインだ。前半の2文字「VA」が正弦波(アナログ信号)を、離れて独立している後半の2文字「I」と「O」が1と0の二進法(デジタル信号)を表しており、アナログからデジタルへの流れをイメージしている。「アナログとデジタルの融合」 がスローガン。


6. Toblerone

brandlogos6.JPG
 「Daily Mail」の記事より

 免税店などでよく見かける、黄色い三角系のスイスのチョコレート菓子「トブラローネ」。ロゴの黄色い三角はマッターホルンをかたどっているが、中央の空白部分には白熊が隠れている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。