>  >  > 22日夜、NASAが緊急記者会見! 地球外生命体を発見か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
NASAconference_2.jpg
画像は、「NASA」より引用

 宇宙開発の分野で最も進歩した国家機関であるNASA(アメリカ航空宇宙局)。ロシアや中国、そしてインドや欧州の追い上げも激しいとはいえ、まだまだ調査・研究の規模やレベルにおいて世界最高の宇宙機関である事実は揺らがない。NASAの取り組みは、アメリカのみならず全人類による宇宙進出の最前線といえるだろう。

 そんなNASAが今月21日、突如として全世界に向けて驚くべきアナウンスを行った。なんと東部標準時22日の午後1時(日本時間23日の午前3時)より緊急記者会見を開き、重大な発見について報告する予定だというのだ。突然の知らせに世界の科学者や天文ファン、さらにオカルト愛好家たちの興奮も最高潮に達している。NASAがそこまで慌てて私たちに知らせる必要に駆られたという真実とは何か、具体的内容について世界的宇宙物理学者に取材した。

23日のNASAの発表内容から“宇宙人の存在と姿”を導き出した、世界的物理学者による解説記事はコチラ


■太陽系の外にある惑星で新発見!?

NASAconference.jpg
画像は、「NASA」より引用

 気になる22日の緊急記者会見についてNASAは多くを明らかにしていない。しかし、アナウンスに記されたいくつかの手がかりから、会見の内容をわずかながら読み取ることができる。ひとつは「系外惑星に関する重大な新事実を発表する」と記された会見の主旨だ。系外惑星とは、太陽系の外にある恒星を周回する惑星のこと。つまり今回の発表は、火星をはじめとする地球にとって(比較的)身近な惑星の話“ではない”ということだ。

 そしてもうひとつ、会見に出席が予定されている科学者たちの肩書きにも着目しなければならない。発表に立ち会う科学者として、MIT(マサチューセッツ工科大学)の惑星科学・物理学教授や天文学者、NASA本部のミッション・ディレクターなどに加え、NASA「スピッツァー科学センター」の責任者も名を連ねているのだ。そしてこれこそが、発表の内容を予想する最大の手がかりではないか、という指摘が海外メディアで相次いでいる。

コメント

6:匿名2017年2月23日 07:33 | 返信

これで取り敢えず、自称・宇宙物理学者が、単なるオカルトマニアに過ぎない存在だったことが確定した。

5:匿名2017年2月22日 17:40 | 返信

生命が存在した可能性があるタンパク質を構成するために必要な化合物の痕跡が発見された可能性があるのか?!そいつは大発見だな!!お疲れ!!

4:匿名2017年2月22日 13:51 | 返信

太陽系の外惑星が持っているような輪を持った惑星が初めて発見されたとさ。

3:匿名2017年2月22日 10:54 | 返信

系外惑星の大気成分についてのトランジット観測とシミュレーション推定なんて5年以上前からされてますが、、、
対流等の観測で見えない部分が議論の焦点ですよね?
そこにブレイクスルーがあったとしたら素晴らしいことだとは思います。

2:匿名2017年2月22日 02:42 | 返信

NASA「……常温の水を持った惑星を……太陽系の外で見つけた可能性が微レ存……!」

記者「パシャパシャッ…行けそうですか?」

NASA「なんで君らそういう無茶いうの(怒)」

1:匿名2017年2月21日 22:49 | 返信

その宇宙物理学のセンセは、オカルトが専門なのかな?
こういう発表するかも、と書き込もうと思ったが、もし当たってしまったらセンセの顔を潰しかねないので、かわいそうだからやめておいてあげるよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。