>  >  > 人が死んだ後に生きる謎の10分間があった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

医学

,

,

脳死

,

脳科学

,

臨死体験

 死の定義を変えるかもしれない驚愕の研究結果が報告された。なんと、生命は肉体の死後も「スリープモード」で存在し続けることが科学的に証明されたというのだ! 科学ニュース「Science Alert」(3月8日付)が報じている。

【ガチ】人が死んだ後に生きる謎の10分間があった! 研究者「説明不可能な事態」の画像1
画像は「Daily Mail」より引用

■人が死んだ後に生きる謎の10分間

 カナダ・ウェスタンオンタリオ大学の研究者によると、生命維持装置が取り除かれた4人の患者の心拍と脳波を測定したところ、うち1名に生理学的に説明できない現象が起こったという。なんと、その患者は生命維持装置が取り外され、心臓と血流が停止した後も“10分間”にわたり脳に活動が見られたというのだ! この時測定された脳波は“深い眠り”についている時と同じデルタ波だった。カナダ集中治療室の医師らは、「通常では考えられない、説明不可能な事態」と驚きの声をもらしている。

 実際のところ、実験に協力した患者4名のうち3名は心臓が止まるより先に脳波が停止したそうだ。研究者らは、今回の結果を臨死体験と結びつけるのは時期尚早としつつも、「長時間の血流停止後の脳活動に生理学的な説明を与えることは困難」だと語っている。

【ガチ】人が死んだ後に生きる謎の10分間があった! 研究者「説明不可能な事態」の画像2
画像は「Daily Mail」より引用

 さらに興味深いことに、実験に協力した4名の患者からはそれぞれ異なる脳波が死の直前に検出されたという。どうやら、死は千差万別のようだ。

 また今回の研究は、医学的な死の定義である「死の3徴候(瞳孔反応停止、呼吸停止、心停止)」にも大きな疑問を投げかける結果となった。臓器移植においても、医学的に死んでいると判定された臓器提供者に脳波が残存している場合、その人から臓器を取り出すことが倫理的に大きな問題となる可能性もある。

関連キーワード

コメント

1:匿名2017年3月11日 12:52 | 返信

私の見解では、その一人というのは間違いなく、異星人である。
これ、「ガチ」なw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。