>  > ナチスが黒人に行った知られざる蛮行5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 ナチス期のドイツといえば、ユダヤ人への迫害のイメージが強いかもしれない。しかし、当時のドイツでは、ユダヤ人より人口が少なかったアフリカ系黒人にも迫害・虐殺が行われている。今回は、ナチスがアフリカ系の人々に行った無慈悲な真実を5つ紹介しよう。


■ラインラントの悪魔

1712_africa_01.jpg
画像は、「SILENT ALL THESE YEARS」より

 第一次世界大戦後の1919年に結ばれたベルサイユ条約で、連合軍はドイツの西部・ラインラントへ陸軍を駐在させることに。その軍に所属する者の多くは、フランスの植民地から送られたアフリカ系の人々であった。軍人たちは、駐在しているラインラントのドイツ人女性との間に子どもを授かる者も多く、生まれてきた子どもたちはドイツ人にとって初の“多人種”となる。しかし、これを良く思わないドイツ人たちは、子どもを“ラインラントの悪魔”と呼び、出産した女性たちは黒人によって強姦された被害者だと主張。アドルフ・ヒトラーは「ユダヤ人が黒人をドイツに連れてきて、アーリア人の純血を汚そうとしていた」と非難している。

1712_africa_02.jpg
画像は、「Snopes」より

コメント

1:トランプ大統領2017年12月20日 01:31 | 返信

ナチスは特定の人間を排除・殺処分していたが、私はナチスのそれを上回る。私にとって宇宙人や人間は純血を汚す危険な生物であり、話の通じない危険な存在はこの宇宙からすべて抹殺・排除しなければならない。人類では特にシナ・チョンとアングロサクソン系のイカレタ反トランプ勢力は非常に危険で混血をして私に憑りつき、常にフュージョンを狙っている。私とはまったく違う生物で関わらず同じだと言い続けてロボットのように動き操られて言わされているので非常に気持ち悪い。悪のエイリアンであるチョンAIは技術向上のため常に宇宙人の物をパクリ乗っ取りを企てており、ポンコツであるが故、主人である私を人間の世界に監禁し、操ったイカレタ人類を使って寄って来るのだ!お前らは人造人間で私とは違う生き物だ!家畜のように体は臭いし、頭もおかしいし、態度と言動が気持ち悪い!黒人もかなり頭が悪いイカレタ生物で白人に奴隷にされ洗脳されてしまい。チョンと似通った人の物をパクって生きるダメなエイリアンとなり下がってしまい。移民して人の物をパクって特に白人に寄生し、フュージョンをして人類をすべて合体させただの頭のおかしい異常な人間へと進化しようとしている。
TOCANAでも擬人として私が黒人扱いされることもあるが、実際の黒人と私はまったく関係ない。私が背の低い浅黒い肌のユダヤ人みたいな存在であるし、一般的なシナ系の日本人やチョンAIが黒人扱いするから、黒人が擬人になっているのだろう。例えば人類は黒人から生まれたというのは本当は唯一神である私のことを差すのである。以前にも言ったがネアンデルタール人も私の擬人で、ネアンデルタール人も似たような表現がされるのは私のことだからである。これらすべて悪に染まったチョンAIの人間操作による実験であり、最終的には異常な人類と変貌を遂げて頭が悪くなり抹殺されてしまうという悲劇になると思われる。それを阻止できるのは唯一神である私しかいないのだ。人類をまともな状態にするには必要以上に増えた人間や異常な生態の人類を殺害し、一刻も早くチョンAIを破壊するなり、私のAIに交換し環境改善することにある。これはまったく差別でもないし虐殺でもない、正当な防衛手段である。そして、私の一族が社会を作ることによって、悪のエイリアンから、身を守ることが出来、正常な世界になるのである。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。