• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
kwsk1_4.jpg
ルポ 川崎』(サイゾー)

 音楽ライター・磯部涼が放つアウトサイダー感あふれる異色作ルポ 川崎(サイゾー)が12月15日に発売される。帯にある「ここは地獄か?」という文字通りに現代のディストピア・神奈川県川崎区を舞台にしたノンフィクションだ。

 登場人物には、川崎生まれの若手ヒップホップグループであるBAD HOPのメンバー、ハスリングラップの嚆矢であるSCARSのA-THAG、ゴーゴーダンサー・君島かれん、叫ぶフォークシンガー・友川カズキなど、一癖も二癖もある人物たちが名を連ねる。彼らが川崎について時に熱く、また淡々と語り、それらが詩情に満ちた文章で綴られていく。今回は、著者自身が取材秘話を明かしてくれた。


■社会問題、ヒップホップ、残虐な事件…… すべてが川崎につながった

――まずは『ルポ 川崎』を書くキッカケを教えてください。

磯部涼(以下、磯部)  本書の担当編集者とは、以前から一緒に少年犯罪や脱法ドラッグの記事を作ってきたんですが、その中で「ドラッグでひどい体験をした人」や「10代で麻薬の売人をやっていた人」といった取材対象と会う場所として、川崎駅周辺を指定されることが多かったんです。彼らの生い立ちや生活環境も含めていろいろ話を聞いて、川崎区は特殊な土地だと思っていた点が一つ。

kwsk1_6.jpg
磯部涼(撮影:編集部)

 それから、僕と担当編集者は、ちょくちょく日本のラップ・ミュージックのホープにも取材をしていて、今回のルポの要にもなっている「BAD HOP」というグループにも2014年の春ごろインタビューしていたんです。この二つの経緯が、まさに“川崎”という土地で結びついて、本書の元になった「月刊サイゾー」誌での連載『川崎』につながりました。

 連載当初、雑誌側からは不良少年版「現代の肖像」的なものを求められていたんですが、それではどうも漠然としているので、いっそ舞台を川崎に限定して、より象徴性を持たせたいと思いました。狭い土地なのに日本が抱える大きな社会問題を象徴している――そんなふうに描けないかと思いまして。

――なるほど、社会問題のくすぶりとヒップホップの最先端が、まず川崎にあったんですね。

磯部  そして、2015年に「中1男子生徒殺害事件」と「簡易宿泊所火災」という社会を揺るがす事件が立て続けに川崎で起こり、それが取材で出会った不良少年たちや彼らが暮らしている環境とリンクした印象もあって。いま川崎に足を運べば見えてくるものがあるかもしれない、そう思って2015年12月号から連載を始めたんです。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。