>  >  > 英国版ロズウェル事件「レンデルシャム」に新証言!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 イギリス史上最大級のUFO重大インシデントである“レンデルシャムの森事件”についての新たな証言がメディアに持ち込まれたようだ――。


■“迷宮入り”のレンデルシャムの森事件に新証言

“英国版ロズウェル事件”とも称されるイギリス最大の未解決UFO事件が1980年の「レンデルシャムの森事件」だ。目撃者の証言内容もショッキングであるが、どうやらそこには組織的な隠蔽工作もありそうで解明の糸口が見えない謎に包まれたUFO目撃事件として今も語り伝えられている。

 レンデルシャムの森事件は1980年12月27日から29日にかけて、イギリスのサフォーク州にあるウッドブリッジ空軍基地(当時は米空軍が駐留)近くのレンデルシャムの森の中に何度かUFOが着陸したことが公式に認められたものの、その詳細は謎に包まれている。一部の証言の中ではUFOは光輝く三角形型であったともいわれ、また小さな宇宙人の目撃や接触についても言及されている。

flyingboatbar1.JPG
ウッドストック空軍基地の東ゲート 画像は「Wikimedia Commons」より

 UFO着陸現場の放射能の値が若干高かったことなどを除き、写真などの具体的な物証はなく目撃者の証言と残された文書の検証のみが解明の手掛かりになるのだが、矛盾する証言や偽証ではと疑わせる発言も多く、また、そもそも軍や当局も積極的に調査する意思があまりないように思えるふしもあって調査は何も進展もせず事実上の“迷宮入り”となっている。

 こうして長らく闇に葬られていたレンデルシャムの森事件に新証言が届いたようだ。英タブロイド紙「Express」に、匿名を条件に62歳の男性がレンデルシャムの森事件に関連すると思われる当時の出来事を話しているのだ。

 男性は1980年当時、英サフォーク州の港町・フェリックストーの倉庫で新聞などの印刷物や出版物を管理する仕事をしていたという。ウッドブリッジ空軍基地はやや内陸部に位置しているのだが、この地域の軍関係者は港町のホテルやバー、飲食店をよく利用しているという。

 1980年のクリスマス時期、この男性はこの港町の「ザ・マールボロ・ホテル」内に新規オープンしたバー「フライング・ボート」に仕事終わりによく入り浸っていたという。そしてこのホテルとバーは軍関係者にもよく利用されていたのだ。男性はある夜、バーで明らかに軍人らしき男たちがなにやら口論している現場に居合わせたのである。

flyingboatbar2.JPG
ザ・マールボロ・ホテル 画像は「Wikimedia Commons」より

コメント

1:匿名2017年12月29日 00:20 | 返信

冷凍宇宙人からクローン作ってて米軍基地でそのクローンが働いてるんでしょ
宇宙人の脳ミソと人類の脳みそって違うけどロボットと融合できるなんて非現実的だと思うけどな。
しんじさんはどう思われますか!?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。