• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

モンゴル

,

日馬富士事件

,

白鵬

,

相撲

250px-Hakuho_2012_January.jpg
画像は、Wikipediaより


 28日、日本相撲協会が東京・両国国技館で開いた臨時理事会で、貴乃花親方の理事解任が決議された。正式には年明けに決定するが、初場所後の来年2月には理事候補選があり、貴乃花親方は立候補する見通しだ。

 モンゴル力士同士の暴力騒動をめぐる報道は過熱の一途を辿るが「神聖な国技における“霊”の存在を語る専門家がいない」と囁くのは、政治ジャーナリストで角界にも詳しいA氏だ。一体どういうことだろうか?

 この事件を語る上で重要な問題となっているのが「モンゴル互助会」の存在だ。モンゴル人力士の飲み会や親睦会は元小結の旭鷲山が関取になった95年ごろから開催されるようになり、これが「モンゴル互助会」につながったといわれている。
 
「“モンゴル互助会”で、力士たちが相撲の取り組みにおける談合をしているという話は、これまでの星取り表から限りなくクロに近いといわれています。そこに断固として抗議の姿勢を示したのが、かねてより汚い相撲は取らないと言ってきた貴乃花親方で、モンゴル力士の貴ノ岩を互助会に出席させなかった。しかし、貴ノ岩がガチンコで白鵬を破ってしまい、その後の白鵬の呼び出しにも応じなかったことが、この事件の発端となっているといわれています。つまり、日馬富士は番頭として役目を果たしたにすぎず、問題の中心はモンゴル互助会のトップに君臨する白鵬なのではないかといわれているのです」(A氏)

 では、この白鵬という人間はどんな人物なのだろうか。A氏が語ったのは、あまりにも衝撃的な内容だ。

関連キーワード

コメント

3:匿名2017年12月30日 21:57 | 返信

カルト右翼と動物霊の戦いかよ。未開土人部落同士だ仲良くやんなよ。世界からは相手にされないのは確か。

2:匿名2017年12月30日 20:58 | 返信

動動霊はモンゴル相撲の闇なのか?

1:閣下様2017年12月30日 15:51 | 返信


  銭ゲバ八幡宮に大相撲

  神懸かるとロクなことないね、大相撲はプロレス

  とおんなじって言っちゃえば楽なのに

  貴乃花 それが嫌なら新団体をたちあげれば良い。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。