>  >  > ストーンヘンジの巨石は“人類以前”から置かれていた可能性!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
【衝撃】ストーンヘンジの巨石は人類以前から置かれていた可能性! やはり宇宙人の仕業なのか!?の画像1
画像は「Daily Mail」より引用

 ロンドンから西に約200kmに位置する、英・ソールズベリーの「ストーンヘンジ」は、1986年に世界遺産に認定されたストーンサークルであり、世界で最も知られた古代遺跡のひとつであるが、一体誰が何のために作ったのか長い間謎のベールに包まれてきた。だが、この度、ストーンヘンジにまつわる謎に一石を投じる研究の存在が明らかになった。なんと、ストーンヘンジに使用された巨石は、“人類以前”から同地に存在していたというのだ!

 これまでストーンヘンジに使われた巨石は、30~50キロメートル離れた石切り場や、250km離れたウェールズから運ばれたと考えられたきたが、英紙「Daily Mail」(9日付)によると、アマチュア考古学者のマイク・ピット氏は、ストーンヘンジを構成する2つのサーセン石(砂岩)であるヒールストーンとストーン16は、ストーンヘンジが建造された紀元前2500年から紀元前2000年よりもさらに前から同地に存在していたと、考古学ジャーナル「British Archaeology」に発表していたという。

【衝撃】ストーンヘンジの巨石は人類以前から置かれていた可能性! やはり宇宙人の仕業なのか!?の画像2
ヒールストーン「Daily Mail」より引用

 サークルの中心から75m離れた位置にあるヒールストーン(重さ60トン)は、夏至と冬至にそこから朝日が昇り、太陽光が祭壇石に向かって一直線になることで知られ、ストーン16もヒールストーンと一直線上に並んでいる。そのためストーンヘンジの建造者は高度な天文学的知識を持っていたとも言われている。

【衝撃】ストーンヘンジの巨石は人類以前から置かれていた可能性! やはり宇宙人の仕業なのか!?の画像3
画像は「Daily Mail」より引用

 ピット氏は79年と80年に、このヒールストーンやストーン16近辺の発掘調査を行い、知られざる事実を発見するに至ったという。ヒールストーンとストーン16の傍らに、埋められた穴があり、その穴の大きさが両巨石のサイズと一致したというのだ。

「ストーンヘンジに使われているサーセン石は全て約32キロメートル離れたマールボロダウンズから運ばれたと考えられてきました。しかし、この発掘調査以来、ストーンヘンジのいくつかの巨石は近くにあったものが使われ、ヒールストーンも発見された穴から来たものだというアイデアが私の中で大きくなっていきました」(ピット氏)

関連キーワード

コメント

3:匿名2018年4月11日 20:52 | 返信

ケルト

2:匿名2018年4月11日 02:31 | 返信

説明不足な部分が多くて私にはよくわからない記事でした~~

1:匿名2018年4月10日 18:50 | 返信

惑わせてサーセンww石生えるwww

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。