発見者「我々は何か大きなものの上に存在している」 ― 地球を覆う巨大なプラズマ・チューブ構造が証明される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
発見者「我々は何か大きなものの上に存在している」 ― 地球を覆う巨大なプラズマ・チューブ構造が証明される
 オーストラリアで巨大かつ目に見えない移動性のプラズマチューブが地球の上空を覆っていることが発見された。当初、天体物理学者らの間では懐疑的な見方が強かったが、シドニー大学天体物理学の学生クレオ・ロイさん(23歳)が、実際にその存在を証明することに成功したのだ。60年以上もの間、その存在をとらえることができなかった現象は、一体どのようにして発見されたのだろうか――。■我々は何か大きなものの上に...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら

    運営メディア