人類の祖先は“口がアナル”の激グロモンスターだった! 5億4千万年前の化石で判明(最新研究)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人類の祖先は“口がアナル”の激グロモンスターだった! 5億4千万年前の化石で判明(最新研究)
 生物は実に多様な姿をしているが、口から肛門へと続く消化管の存在は、ほとんどの生物に共通している。だが太古の昔、我々人間の祖先には口しかなく、肛門がなかったかもしれない。英「BBC」などが報じている。 話題となっているのは、中国陝西(せんせい)省で見つかった5億4千万年前のカンブリア紀に生きた小さな生物の化石だ。わずか1mmほどの小さなもので、肉眼では黒い粒にしか見えないが、顕微鏡下ではそ...

    pickup

    人気記事ランキング

    写真投稿

    写真の投稿はこちら