【写真展】ブローニュの森の娼婦、少数民族ロマ、ピカピカの都市…フランスの違和感を捉えた石川竜一最新作『OUTREMER/群青』が強烈すぎる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【写真展】ブローニュの森の娼婦、少数民族ロマ、ピカピカの都市…フランスの違和感を捉えた石川竜一最新作『OUTREMER/群青』が強烈すぎる!
 写真家・石川竜一さんの最新作『OUTREMER/群青』(1月27日~2月17日写真展詳細)は、沖縄をベースに作家活動を行っていた石川さんが2015年と2017年の2回、計4か月間パリを中心としたフランスに滞在、撮影したシリーズだ。 デビュー時から取材をし続けてきた筆者は思う。石川さんは『OUTREMER/群青』でこれまでの「石川竜一」を突き抜け新しいフェーズに足を踏み入れた。沖縄という...

    今月のフォト

    写真家・中筋純が撮り続ける「原発事故」の真実! 時間が止まった街が廃墟化する過程…現在の福島は日本の未来の姿だ!

    母の自殺、メンヘラ、心霊、寺の鐘…負の力を創作エネルギーに昇華する「岡本太郎現代芸術賞(TARO賞)展」がヤバすぎる!

    写真投稿

    写真の投稿はこちら