【写真展】ブローニュの森の娼婦、少数民族ロマ、ピカピカの都市…フランスの違和感を捉えた石川竜一最新作『OUTREMER/群青』が強烈すぎる!

【写真展】ブローニュの森の娼婦、少数民族ロマ、ピカピカの都市…フランスの違和感を捉えた石川竜一最新作『OUTREMER/群青』が強烈すぎる!の画像4

『OUTREMER/群青』


■雑誌じゃわからない「むき身のフランス」を目の当たりに

―― ロマ(ジプシーと呼ばれてきた集団のうちの主に北インドのロマニ系に由来し中東欧に居住する移動型民族)やブローニュの森の娼婦、郊外の移民街に住む人々や風景を撮っていますね。4か月の撮影期間とはいえ、言葉も文化も全く違う場所でかなり深くまで入り込んだ印象を受けました。どうしてそこまで行けたんでしょう?

石川 案内と通訳をしてくれる人がいたんです。あらかじめお願いしていたのじゃなくて現地で僕のことを気に入って手伝ってくれた。彼女が知っている所に連れて行ってくれたんですけれど、どこもなんというかいい感じだった。そこからしがみ付いていく感じでしたね。事情があってロマと共同生活をしている子で、ロマを撮ることになったのはそのおかげです。いろんな意味でタイミングがよかったですよね。それがあったから動けたし写真を撮れたというのはあります。

―― 1人でも撮っていたでしょう?

石川 もちろん1人で歩くこともありましたよ。自己紹介程度のフランス語を覚えて撮りたい人に声をかけられるようにもなった。でも、撮る理由を言葉で求められると説明できなくて撮らせてもらえない。それで萎縮する。その葛藤はずっとありました。

―― ロマがいる地域ってどんな場所なんでしょう?

石川 都市の郊外。移民の人たちとかがたくさん住んでいるパリの郊外はヤバいですね。

―― 娼婦の写真にインパクトを感じたんですけれど、ブローニュの森はどうなんででしょう? どうやってアプローチしたんですか?

石川 現地の別の協力者に連れてってもらいました。そこにロマの人が付いてきてくれて交渉を手伝ってくれた。それで、お仕事1回ぶんの代金を払って撮らせてもらいました。『代金を払うのでその時間ぶん撮らせてください』って。治安はそんなに悪くないですよ。

―― 料金はいくらで?

石川 20ユーロくらいですね。

関連キーワード:, , , ,

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

南海トラフ地震は2025年ではない!? 和歌山県と伊豆半島が…危機を乗り越える3つの波動グッズ

不思議ジャーナリスト・広瀬学が渋谷クロスFMのラジオ番組のレギュラー出演者にな...

2024.02.20 14:00スピリチュアル

【写真展】ブローニュの森の娼婦、少数民族ロマ、ピカピカの都市…フランスの違和感を捉えた石川竜一最新作『OUTREMER/群青』が強烈すぎる!のページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル