お尻の整形手術失敗! 臀部でグルグル回転する巨大シリコン!!

関連キーワード:

,

,

画像は「YouTube」より

 体内で異物が動く様子に恐怖を覚えます。YouTube上にこの動画を投稿したのは、元ストリッパーのルネ・タリーさん。現役時代にラスベガスで活躍していたという彼女は45歳を過ぎ、お尻の整形手術に踏み切りました。それこそが悲劇の始まりだったのです。

 E!(エンターテインメント・テレビジョン)の番組「Botched」に出演した彼女は、整形手術を決意した理由について、「お尻にもっとボリュームをもたせたかったの」と明かします。しかし、医師は手術に失敗。ルネさんの臀部には、大きなシリコンの塊が残されてしまいました。

 彼女は今までの状態に戻してほしいと医師に訴えますが、シリコンを除去する際には組織も一緒に切り取らなければならないため、元の形には戻らないだろうと宣告されてしまいます。結局ルネさんは、泣く泣く再手術を諦めたそうです。

「一連の出来事は、私の人生を変えてしまいました。鏡の中の自分をもうこれ以上見つめたくありません。このお尻の有り様を目にすると憂鬱になるので」

 このように語る彼女ですが、整形手術の失敗が彼女にもたらした悲劇は、お尻の変形だけではありませんでした。なんと、体内のシリコンによって自己免疫疾患(免疫系が正常な細胞組織も異物とみなしてしまう)まで引き起こされてしまったのです。ルネさんは、同様の手術を検討している女性にもう一度よく考えてもらおうと今回のビデオを公開しました。

「これはある意味自業自得のことなので、私はこの状態と折り合いをつけて生きていかなければなりません。もう、恐らくこれを治すことはできないのでしょう。破滅への道を歩み出したら、後戻りも修正もできないのです」

 まるでお尻に岩が入っているかのような違和感を日々感じているとも語るルネさん。整形手術のリスクを自身の体で思い知った彼女の言葉は、きっと多くの人々に響くことでしょう。

文=靄野大作

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

お尻の整形手術失敗! 臀部でグルグル回転する巨大シリコン!!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル