ロボットは全ての労働を奪うのか! 20年後に訪れる悲劇が判明!

関連キーワード:

,

,

,

ロボットは全ての労働を奪うのか! 20年後に訪れる悲劇が判明!の画像1画像は「YouTube」より

 我々人類は、狩りや収集の時代から生き残るために様々なツールを編み出し、今日に至る。しかし、今後2、30年で、人間が行っている労働の大半がロボットにものになると多くの専門家達は予測している。現在日本では様々な分野で人手不足が深刻な問題になっているが、やもすればロボットによる就職難の時代が訪れるかもしれないというのだ。

■新しい形のオートメーション化

 肉体労働者の数を減らしてきたのは機械による合理的なオートメーション化である。「オートメーション」と聞くと、自動車工場に並ぶ巨大で高価な特殊ロボットを想像するかもしれないが、現在、人型の「Baxter(バクスター)」という新しい産業用ロボットが注目されているという。「Baxter」の特徴は、熟練工の動作をプログラミングで入力するのではなく、ロボット自体に「感じる力」と「見る力」を与えることで、「Baxter」の手を直接人間が触って教えるだけで何をどうすべきか学習することができるのだ(つまり、人工知能)。

 なおかつ、熟練したオペレータや技術者であれば数百万ドルを必要とするのに対し、一般的な平均賃金より安い費用で導入することができるのだ。自動化が困難だった単純作業を代行できるロボットとしてのみならず、非常に汎用性が高いところに期待されている。

ロボットは全ての労働を奪うのか! 20年後に訪れる悲劇が判明!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで