「芸術家が命を懸けた作品を選ぶ」英ダークアート界の目利き美術商/インタビュー

 4月にスペインのビルバオに旅行するんだけど、なんといっても現代建築とグーゲンハイム美術館は見ておきたいわ! スペインの巨匠建築家・サンティアゴ・カラトラバによる「ガラスの橋(カラトバ橋)」と、日本の建築家・磯崎新さんが設計したツインタワー(磯崎ゲート)などもぜひ巡りたいわね。そんな建築・美術・デザインをこよなく愛するアタシが、トカナ編集長から特命を受けました。「トカナの読者様が喜ぶような素晴らしいアートを紹介して下さい」と。

 どうしましょう!? 

 ありきたりなアートの紹介では、脳と目の肥えたトカナ読者を満足させられないわ! 泡食って探しましたよ。そしてありとあらゆる手段を駆使して、数人とアポを取り付けたわ。まず1回目は、ロンドンでネットギャラリーを開くアルベルト・シッシさんのインタビューよ。彼は、「Macabre Gallery」というサイトで、ダーク・アートのみを扱う美術商さんよ。


■ダークアート界の世界的目利き「Macabre Gallery」

「芸術家が命を懸けた作品を選ぶ」英ダークアート界の目利き美術商/インタビューの画像1画像は、「Macabre Gallery」HPより

 世界中どこを探しても、ここまで特化したギャラリーを持っているのはアルベルトさんだけよ。彼ほど人間の深淵を切なくも美しいものだと理解している人はいないかもしれないわ! イギリスのみならず海外の多くのメディアでも特集されている、まさに「ダークアート界の目利き」ですのよ!

 ダークアートとは、ハリーポッターに出てくる黒魔術じゃなくて、文字通りの暗黒美術のこと。猟奇的であったり、残虐であったり、目を覆いたくなったり、人によっては不快感をもよおすような物まで、とにかくダークな部分にスポットライトを当てた芸術のコトね。でも、それでいて訴えかけてくるものが切なかったり、感動させるものだったり…と、世界中で大人気なのです。さて、そんなダークアートを専門に扱うギャラリーのオーナーであるアルベルトさんはどんな方なのでしょうか? 作品と一緒に見て行きましょう!

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

「芸術家が命を懸けた作品を選ぶ」英ダークアート界の目利き美術商/インタビューのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル