自分の眼球をビデオカメラにした男 ― 自称・アイボーグが見る世界とは?=カナダ

 SFの世界では、自分の目が高性能のカメラであるという設定は、別段珍しいものでもなんでもない。構造を考えてみたら、デジカメもフィルムカメラも人間の目もさほど差はないもので、レンズがプラスチック製かガラス製かたんぱく質製かの違いと、受容体がセンサーかフィルムか網膜かの違いのようなものであるとも言える。今にそういう人が現れるだろうとは予想はされていたことかもしれないが、カナダのトロント在住の映像制作者のロブ・スペンス氏は、とうとう自分の片方の目をカメラに替えてしまったという。


■義眼に超小型カメラを装備

 ニュースサイト「Oddity Central」のレポートによれば、43歳になるスペンス氏は、自身の右の眼窩に超小型カメラを内蔵した義眼を入れ、自分自身を「アイボーグ」と呼んでいるということである。

自分の眼球をビデオカメラにした男 ― 自称・アイボーグが見る世界とは?=カナダの画像1超小型カメラを仕込んだ義眼 画像は「YouTube」より

 気になるところではあるが、スペンス氏は自分の眼球を取り出して義眼と取り換えてしまったわけではなく、子供の頃にショットガンの取り扱いのミスで右目を失っていたということである。それから、普通の義眼を入れて生活をしていたわけであるが、SFやポップカルチャーの世界ではごく当たり前にカメラ式の義眼が登場しているということで、自身の義眼にカメラを組み込んでしまうことを思いついたのである。

 スペンス氏のカメラ内蔵型義眼の見かけは、普通の義眼とかわることがないとのことであるが、もちろん技術的にも医学的にもまだ、スペンス氏の視神経とつながっているわけではない。しかし、その義眼はプッシュボタンによって、電源のオンオフができ、マイクロ波を利用してスマホに映像や画像を送ることも可能だという。

 今の仕様では、撮影時間は最長で3分間程度で、本体が熱くなってしまうために外さなくてはならないそうであるが、撮影時間を1時間程度に延長するための改良をしているところであるという。自身の仕事がら「インタビューの撮影などの際に、かさばる機材を使わないで撮影できるメリットもある」と本人は言っている。実際に義手や義足のドキュメンタリーの撮影の際に使用したこともあるとのこと。

自分の眼球をビデオカメラにした男 ― 自称・アイボーグが見る世界とは?=カナダの画像2ロブ・スペンス氏 画像は「YouTube」より

 プライバシー保護の観点でネガティブな反応を示す人もいるとは言っているが、義眼を使用している人にとっての新しい選択肢のひとつとして、これから先利用していく人もいるのではないかという予測はできる。またひとつ、SFのガジェットがリアルに降りてきたことになるのだろうか。義足のアスリートが健常者の記録を上回る記録を出したというニュースも聞かれる昨今、これからの代替人体の進化に注目していきたい。
(文=高夏五道)

参考:「Oddity Central」ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

danger
イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

イタコ、霊媒、エロ祈祷…エログロナンセンスな超常現象ドキュメンタリー『恐怖・怪奇・悪霊 超常現象の世界』とは?

※こちらは2020年の記事の再掲です。 ――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・...

2024.02.27 08:00奇妙
青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

青酸カリで人を殺すのは意外と難しい。推理小説のトリックは概ね間違いだった!?

【ヘルドクター・クラレの毒薬の手帳 第1回、青酸カリ/後編】  ※本記事は2...

2024.02.07 08:00科学
【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

【毒薬の手帳】ググっても出てこない、青酸カリの本当の話

本記事は2015年に掲載された記事の再掲です。 【ヘルドクター・クラレの毒薬の...

2024.02.06 08:00科学
九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

九州地方で正月に行われていた飲尿儀式の伝統があった!?

※本記事は2018年の記事の再掲です。 【日本奇習紀行シリーズ】 九州地方 ...

2023.12.30 08:00奇妙
運気を爆上げして「引き寄せの法則」を発動!! 激動の時代を生き抜くための波動グッズ3選

運気を爆上げして「引き寄せの法則」を発動!! 激動の時代を生き抜くための波動グッズ3選

癒しフェア 2024in大阪 広瀬学 講演 「アリス矢沢透のなんでも応援団!内...

2024.04.19 10:00スピリチュアル

自分の眼球をビデオカメラにした男 ― 自称・アイボーグが見る世界とは?=カナダのページです。などの最新ニュースは好奇心を刺激するオカルトニュースメディア、TOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル

科学最新記事

世界で起こった“最恐”医療ミス5選!

人体・健康

天才を作る技術、謎に満ちた脳の世界

人体・健康

大砲を腹で受け止めた驚異の鉄人!

人体・健康