TOCANA > 科学 > 生物 > 怪しく光る深海ザメ! > 2ページ目

深海でネオンのように光る謎の生物とは?

関連キーワード:

,

,

,

,

■サメだけじゃなかった!? 深海で光る生物たち!!

 科学者たちはサメの目カメラと共に夜間、南カリフォルニア沿岸に位置するスクリップ・キャニオンというスポットで潜水調査を行った。サメの目カメラに搭載された青色灯の照射に刺激を受けたサメたちが生物蛍光によって光る深海を撮影したところ、カメラは深海へ潜れば潜るほどサメの肌がさらに光ってゆく様子を写していたのだ。

 スパークス氏は「生物蛍光によって暗い深海でも仲間の姿をお互いに確認し合うことができ、コミュニケーションの手段としても利用されているのではないか」と語る。

 スパークス氏と彼の率いるチームは既に180種類以上の生物が同様に光を放つことを調査しており、最近の調査報告では昨年、南太平洋のソロモン諸島で絶滅寸前と言われているウミガメの一種、タイマイが世界で初めて生物蛍光によって鮮やかな赤と緑色を放っている様子を記録している。また紅海では色とりどりに光るサンゴも発見され、その鮮やかな色に目を奪われる。これらの調査結果は4月25日付の科学誌「ネイチャー」のオンラインジャーナルである「サイエンティフィック・レポート」に詳しく掲載されている。

 深海というのは、光が全く届かない闇と、深海に暮らす生物たちのための静かな世界だと思っていたが、どうやら大きな勘違いだったようだ。真っ暗なはずの深海は案外ネオンカラーに彩られた賑やかな場所なのかもしれない。
(文=清水ミロ)

参考:「Daily Mail」、「Scientific Reports」、「American Museum of Natural History」、ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

日本版CDCは売国自民党政治の極致だった! 列島がアメリカの属州化&実験場になる未来をジェームズ斉藤が解説

日本版CDCは売国自民党政治の極致だった! 列島がアメリカの属州化&実験場になる未来をジェームズ斉藤が解説

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.06.22 17:30日本
ツイッター買収の黒幕、第二次日露戦争、岸田政権の売国… 報じられない真実をジェームズ斉藤が暴露!

ツイッター買収の黒幕、第二次日露戦争、岸田政権の売国… 報じられない真実をジェームズ斉藤が暴露!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.05.31 17:30海外
ロシアで相次ぐオリガルヒ怪死の真相とは? 「グレート・ナラティブ」到来か、ジェームズ斉藤が明かす超機密情報

ロシアで相次ぐオリガルヒ怪死の真相とは? 「グレート・ナラティブ」到来か、ジェームズ斉藤が明かす超機密情報

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.05.27 17:30海外
露がウクライナに宣戦布告できない事情とは? 米が得た利益、英の謀略も… ジェームズ斉藤が闇を完全暴露!

露がウクライナに宣戦布告できない事情とは? 米が得た利益、英の謀略も… ジェームズ斉藤が闇を完全暴露!

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.05.26 19:30海外
チャクラが輝き、陰陽エネルギー吸収、10歳若返り… 「異次元レベルで整う」世界最先端の波動グッズがヤバい!

チャクラが輝き、陰陽エネルギー吸収、10歳若返り… 「異次元レベルで整う」世界最先端の波動グッズがヤバい!

不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求し続け...

2022.06.20 15:30異次元

深海でネオンのように光る謎の生物とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル