エドガー・アラン・ポーがタイムトラベラーだったことを示す3つの根拠とは? 偶然の一致にしては当たりすぎていた!

 世界で最初の推理小説といわれる『モルグ街の殺人』をはじめ、ホラー小説『アッシャー家の崩壊』、『黒猫』などで有名な作家で詩人のエドガー・アラン・ポー。40歳という若さでこの世を去ったポーだが、なんとある筋の人々からは「タイムトラベラーだったのではないか」という疑惑が持ち上がっている。


■46年後の事件を予見した小説を創作

エドガー・アラン・ポーがタイムトラベラーだったことを示す3つの根拠とは? 偶然の一致にしては当たりすぎていた!の画像1エドガー・アラン・ポー 画像は「Wikipedia」より

 近代推理小説の父であり、暗号学の大家にしてホラーの巨匠でもあったエドガー・アラン・ポーだが、彼は実は時間の旅人であるタイムトラベラーだったのではないかという“容疑”がかけられている。生前のポーには、未来をまるで“見てきたかのように”著作において正確に予見していたことが今再び注目されているのだ。

 ポーがタイムトラベラーであることを示す根拠は3つあるという。

●46年後に起きたカニバリズム事件

 まずその1つ目は、460年後に起ることになる実際の事件をそっくり描いた小説を手がけていたことだ。その小説とは1838年に発表されたポーの唯一の長編小説『ナンタケット島出身のアーサー・ゴードン・ピムの物語(The Narrative of Arthur Gordon Pym of Nantucket)』だ。

 ストーリーは、航海中に難破した船乗りたちの“カニバリズム”を問う内容だ。食糧も尽き、大海原をあてもなく漂う船の上で、4人の船乗りたちは究極の選択として一番衰弱している1人を“生贄”にし、人間社会のタブーである食人行為を行なってサバイバルする様子が描かれた問題作であった。

 この小説が書かれた46年後の1884年、南アフリカ・喜望峰沖で難破したイギリス船籍のヨット「ミニョネット号」の船上で、漂流の20日目に17歳の給仕の少年が“生贄”にされて船員たちに食べられるという悲惨な事件が実際に起ったのだ。

 その後船員たちはドイツ船に救助されて生還したのだが、少年を食べた行為が裁判にかけられ「ミニョネット号事件」として世の注目を集めることになる。しかしこの時はポーの小説の内容と事件の類似を指摘する者はいなかったのだが、10年も過ぎた頃に被害者の少年の遺族が事件とポーの小説の“偶然の一致”を新聞に投書して、この一件が再び世の騒ぎを巻き起こすことになった。しかも殺された少年の名前、リチャード・パーカーは、小説の中で生贄になった少年と同姓同名であったのだ。まさにポーは46年後の未来を見てきたかのように、この小説を執筆していたのである。

●現代の脳科学や精神医学の知見を持っていた!?

 19世紀半ばはまだ今日のような科学や医学は発達しておらず、人間の脳に関する理解にも乏しいものであった。1948年に、鉄道作業員の男が作業中に鉄のレールに頭を酷く打ちつける事故があったのだが、その後男は別人になったかのように人格が豹変したことで、世の話題を集めることになった。

 後に前頭葉症候群(frontal lobe syndrome)と呼ばれることになったこの男の症状は、この時代の人々に人間の脳への理解をもたらすものになったのだが、この事件より8年も前に、ポーは作品の中で人間の脳の前頭葉部分へのダメージが人格の変化を引き起こすことを指摘していたのだ。

 1840年に発表されたポーの短編小説『実業家 (The Business Man)』では、少年の頃に頭を強打したことで、破天荒な人生を送ることになってしまった人物が描かれている。このときはまだ病名のないこの前頭葉症候群の人物をポーはきわめて特徴的に描いており、あたかも未来の脳科学を知っていたかのようだと、神経学者のエリック・アルツシューラー氏は自身のFacebookで言及している。

「前頭葉症候群にはさまざまな症状が出ますが、小説ではそれらをすべて正確に描いています。…(中略)…この奇妙なほどに正確な描写は、彼がタイムマシンを持っていたように思えるほどです」(エリック・アルツシューラー氏)

 この時代にはなかった脳科学や精神医学の知見を持っていたといわれるポーだが、その秘密はタイムマシンを持っていたことにあるのだろうか。

エドガー・アラン・ポーがタイムトラベラーだったことを示す3つの根拠とは? 偶然の一致にしては当たりすぎていた!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル