正体不明の“ゼリーモンスター”が米海岸に大量出現→砂浜で暴れる→翌日完全消失! 理学博士がトカナに緊急コメント

正体不明のゼリーモンスターが米海岸に大量出現→砂浜で暴れる→翌日完全消失! 理学博士がトカナに緊急コメントの画像1画像は「The Daily Mail」より引用

――科学分野だけではなく、オカルト・不思議分野にも造詣が深い理学博士X氏が、世の中の仰天最新生物ニュースに答えるシリーズ

 米・カリフォルニア州のビーチで、奇妙なゼリー状の生物が大量に漂着したと話題になっている。今月1日の「DailyMail」をはじめとする海外の複数メディアが、驚きをもって報じた。

正体不明のゼリーモンスターが米海岸に大量出現→砂浜で暴れる→翌日完全消失! 理学博士がトカナに緊急コメントの画像2画像は「The Daily Mail」より引用

 カリフォルニア州南部に位置するハンティントンビーチに不気味な生物が大量に打ち上げられたのは、11月29日のことだった。その生物は2~4センチくらいの大きさで、ゼリー状にぬめっており、ピンク色をした半透明の卵のような形状をしていた。海岸を覆い尽くすほどの大群だったが、その翌日にはほとんど姿を消してしまったという。

 Facebookに写真をアップしたライアン・ルスタンさんによると、その生物は一見すると小さな水風船のようで、数千ほど漂着していたようだ。そして驚くべきことに、この生物は打ち上げられてもまだ生きており、砂浜をずるずると這い回っていたそうだ。

 果たして、この奇妙な生物は一体何なのだろうか? 巨大なイクラのようで、魚などの卵のようにも見えるし、クラゲやウミウシのような軟体生物の仲間にも思われる。あるいは、ホラー映画で人を襲う不気味なエイリアンのようにも感じられる。この奇怪なゼリー生物について、生物学に詳しい理学博士X氏に解説を依頼した。

「面白い生物ですね。砂地を動き回っていたようですから、卵やクラゲではないでしょう」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ