ビッグバン以前に何があったのかついに解明か? 科学者が唱える「サイクリック宇宙論」と「世界4フェイズ説」とは?

 我々の認識ではすべての物事にはじまりがあり、そして終わりがある。我々が暮らす地球にもいつか寿命がやってきて、もちろん太陽も燃え尽きる日がくる。そしてこの宇宙にも、はじまりと終わりがあると考えるのは自然だろう。いわゆる“ビッグバン理論”である。


■ビッグバンは宇宙のはじまりではない?

 長年、バチカンのローマカトリック教会と科学界とは、世界観や人間観の上で相いれない断絶が一部であったとされているが、現ローマ教皇であるフランシスコは2年前に“生物進化論”や“ビッグバン理論”を認める発言を行って話題になった。

「ローマ法王庁科学アカデミー」において教皇フランシスコは「神は決して魔法の杖を持った魔術師ではない」と発言し、いわば神の“擬人化”を否定し、ビッグバンも生物の進化も実際に起こったことであり、その背後に神の意志があると説いている。カトリックの教えと科学的知見は相いれないものではないということだ。

ビッグバン以前に何があったのかついに解明か? 科学者が唱える「サイクリック宇宙論」と「世界4フェイズ説」とは?の画像1EWAO」の記事より

 宇宙物理学の世界においてビッグバン理論が必ずしも多くの支持を集めているわけではないのだが、物事にはじまりと終わりがあるとすれば、最初にビッグバンがあったという説明はわかりやすいものかもしれない。しかし、この「ビッグバンがすべてのはじまりではない」と主張する科学者の声が強まってきているようだ。

 カナダ・ウォータールー大学のミール・ファイサル教授らの研究チームが最近に発表した研究によれば、現在我々が生きているこの世界は、別の宇宙がフェイズを越えて拡張した結果の世界であるということである。つまりビッグバン以前にもこの宇宙とは違う宇宙があったというのだ。すべてのはじまりであるビッグバンは確かにあったというのに、その前から宇宙があったというのは、いったいどういうことなのだろうか。

ビッグバン以前に何があったのかついに解明か? 科学者が唱える「サイクリック宇宙論」と「世界4フェイズ説」とは?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで