切断した足を携行しながら“1本足でさまよう”女が出現! 前向きすぎる奇行の真意とは!?

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 米国オクラホマ州ユーコンに住む25歳のクリスティー・ロイヤルさんはある日、医師から宣告を受けた。「あなたの右脚は非常に珍しいがんに侵されており、唯一の治療法は右脚を切断する事だ」――。


■緊急手術で切断した足の“返却”希望

 右脚の切断を示唆する医師の言葉に対する最初の反応は、ジョークで切り返すことだったと、BBCのラジオ番組「Newsbeat」の取材にクリスティーさんは答える。そこで彼女は医師に、「ところで、その足は返ってくるの?」と言った。そしてそう言った後でクリスティーさんは、自分は脚を本当に返してほしいと思っているのだと気づいた。

 医師はその要求を「かなり変わっている」と言ったが、しぶしぶ手術の1カ月後にバイオハザードバッグ(汚染処理用の袋)に入れて足を返却してくれた(余談だが、日本でも切断された手足等は、状態が良く、希望があれば患者への返却も不可能ではないらしい)。

切断した足を携行しながら1本足でさまよう女が出現! 前向きすぎる奇行の真意とは!?の画像1ビーチで撮影 「NY Mag」の記事より

 彼女は自分の切断された足を見るのは本当に奇妙だったと思い返す。また切断した足のつま先は、返却された当初はまだ動かせたが、クリスティーさんの母親は気味悪がったそうだ。

 クリスティーさんが受けた手術はきわめて深刻なものではあったが、幸いなことに彼女は物事の愉快な側面を見ることができる人間だったらしい。「ある時点から私は、手術や右脚の切断について感情的になることを止めたの」と話す。彼女は家で手術のことを考える時間は十分にあったので、その後は自分の置かれた状況を冗談にする気持ちになっていたのだと説明する。

■“足”と一緒に撮った写真をSNSに投稿

 足の骨をインスタグラムに投稿するアイデアはクリスティーさんの友人が思いついたものだが、彼女はその案を気に入り、すぐさま実践した。インスタグラムに投稿するため、彼女は足の骨を加工(洗浄、漂白、針金で再組立て)してくれる場所に送った。

 彼女は自分のインスタグラムのアカウントを「One Foot Wander(1本脚でさまよう)」 と名づけた。彼女の最初の投稿を見てみると、切断された足の骨の写真に「Reunited(再会)」というキャプションが付いている。今、彼女は定期的にビーチ、ゴルフコース、墓地、クリスマスツリーなど、“足”と一緒となると、ちょっと変わっているとしか言いようのない場所で撮影した写真を投稿し続けている。

切断した足を携行しながら1本足でさまよう女が出現! 前向きすぎる奇行の真意とは!?の画像2オクラホマのダウンタウンで 「NY Mag」の記事より

「私は旅行に行く費用があまりないの。だから私が日常行く所には必ず骨を持っていって、何かを見たり、面白いアイデアがあるとそれを写真に撮っています」とクリスティーさんは言う。彼女は骨を靴箱に入れて持ち運びしているが、たいていの人は骨を本物とは思っていないということだ。

 現在、彼女の最もお気に入りの写真は彼女の骨と飼い犬を一緒に撮影したものだ。ほとんどの犬は骨を噛むのが大好きで、そのことを考えると、これは勇敢な試みといえるだろう。この感想に対してクリスティーさんは、「ウチの犬は骨にすごく興味を示すわ。もし私が骨をテーブルに置きっぱなしにしたら、犬は間違いなくその骨を奪っていくと思うわ」と笑う。

切断した足を携行しながら“1本足でさまよう”女が出現! 前向きすぎる奇行の真意とは!?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル