奇怪すぎる「ロドピの頭蓋骨」の謎! 大学教授による検証も“正体不明”、 古代文明の遺伝子操作か!?=ブルガリア

 以前ブルガリアで発見され、そのあまりにも奇怪な形状からエイリアンのものではないかと噂になったひとつの頭蓋骨があった――。


■頭頂部が平らで牙が生えていた頭蓋骨

 その頭蓋骨の正体について専門家らも結論を出せず、激しい議論が繰り広げられたが、その後突然行方不明となり、さらに謎が謎を呼ぶ展開になってしまった。

 2001年にブルガリア人男性(38歳・匿名)がギリシャとの国境付近で発見したその頭蓋骨は、人間の赤ちゃんの頭くらいの大きさで、重さ250グラムほどの小さいものであるが、特徴的なのは頭頂部が甲羅や傘、あるいは平らな皿のようにも見える形状になっている点である。

奇怪すぎる「ロドピの頭蓋骨」の謎! 大学教授による検証も正体不明、 古代文明の遺伝子操作か!?=ブルガリアの画像1 画像は「UFOvni2012」より

 頭蓋骨には6つの穴が空いており、復元予想では大きく長い牙のようなパーツが生えていたことが推測でき、ますます奇怪なものになっている。発見された付近の山脈名から“ロドピの頭蓋骨”と呼ばれているが、男性が発見に至ったのはなんと夢のお告げによるものらしい。

「夢の中に黄色いメタリックな服を着た5人が現れ、『その場所へ行け』と指示された」と語っている。ちなみに男性は頭蓋骨と共に楕円形の金属片も掘り起こしたというが、こちらはなぜかあまり注目されていない。

 当初はUMAファンや超常現象ファンの集う少数のマニアグループだけに向けて公開されていたが、瞬く間に一般にも広がり評判になった。

奇怪すぎる「ロドピの頭蓋骨」の謎! 大学教授による検証も正体不明、 古代文明の遺伝子操作か!?=ブルガリアの画像2 画像は「UFOvni2012」より

■売却のオファー後、行方不明に

 ブルガリア・アセノヴグラドにある古生物学博物館のディミター・コバチェフ教授やブルガリア・サイエンス・アカデミーのカトヤ・マラメット教授など著名な専門家らが参加して検証が行われたが、人類や動物にこのような頭蓋骨が当てはまるものはなく、正体を突き止めることはできなかった。

奇怪すぎる「ロドピの頭蓋骨」の謎! 大学教授による検証も正体不明、 古代文明の遺伝子操作か!?=ブルガリアの画像3 画像は「UFOvni2012」より

 人の手によって作られたものではないかという疑惑も持ち上がったが、X線調査では異なる骨と骨をつなぎ合わせたような形跡は特に見受けられなかった。

 伝えられるところでは、その調査期間中に発見者の男性は頭蓋骨を売ってほしいというオファーを複数の組織から受けたといい、調査後程なくして現物が消えたということである。誰が男性にオファーしたのか、そして男性が条件の良い申し出を受けて売却してしまったのかどうかについては不明であり、盗まれたり、単に何かの手違いで紛失してしまった可能性もある。

 頭蓋骨の正体解明のためには、放射性炭素年代測定法による骨の主の大まかな死亡時期の特定や、動物もしくは有史以前のヒト科の既知の種かどうかを調べるDNA鑑定が必須であるが、残念ながら実物が消失してしまった今となっては確かめようもない。

奇怪すぎる「ロドピの頭蓋骨」の謎! 大学教授による検証も正体不明、 古代文明の遺伝子操作か!?=ブルガリアの画像4復元予想図 画像は「UFOvni2012」より

 そもそもこれは頭蓋骨なのか!? “夢のお告げ”の真実性は? といった懐疑論者からの声が聞こえてきそうだが、エイリアン説の他には、古代アトランティス人の遺伝子操作による創造生物説などもあるようで、こうして今も人々の想像力をかきたてる格好の話題となっている。
(文=Maria Rosa.S)

参考:「Disclose.tv」、「Ancient Code」、ほか

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

奇怪すぎる「ロドピの頭蓋骨」の謎! 大学教授による検証も“正体不明”、 古代文明の遺伝子操作か!?=ブルガリアのページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル