科学者が明かす「最も恐ろしい死に方」5選が本当にヤバい! エレベーター落下死から粒子直撃死まで

 死はどれも恐ろしいとはいえ、日々ニュースで報じられる悲惨な事故を見ては「あんな死に方は嫌だ」「想像もしたくない」と、死に方の善し悪しを知らず知らずに判断してしまっているものだ。だが、あらゆる死に方の中で最も恐ろしい死を考えたことはあるだろうか?


■最恐の死に方5選!

 この度、サンフランシスコの科学博物館「エクスプロラトリアム」の上級研究員ポール・ドハーティ博士と、作家のコディ・キャシディー氏が、オンライン掲示板「Reddit」で最も恐ろしい死に方を明らかにした。英紙「Daily Mail」(4月6日付)の記事を参考にご紹介しよう。


●エレベーターが落下したら……

 科学者が明かす「最も恐ろしい死に方」5選が本当にヤバい! エレベーター落下死から粒子直撃死までの画像1画像は「Daily Mail」より引用

 エレベーターの落下事故は、我々が想像しやすい恐ろしい死に方の1つだろう。しかし実際のところ、その時我々はどうやって死ぬのだろうか?

「(もしエレベーターが落下してしまったら、)床に仰向けに寝ることがGを分散させる最も良い方法です。もし立ったままだと、地面との衝突時にあなたの体は止まっても、内臓が落ち続けます」(ドハーティ博士)

 さらに、エレベーターのデザインも生死を分ける大きなポイントだという。もし、そのエレベーターが隙間のない構造をしていたら、空気がクッションになり落下衝撃を弱めてくれるかもしれないという。しかし結局のところ、「指をクロスする(幸運を祈る)のも良いアイデアです」とドハーティ博士が語るように、確実に生存できる保障もないようだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ