住民が消えた死の街 ― ゴーストタウンと化した世界の街5選! 地図から抹消された忌まわしき場所も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

,

,

,

■ビキニ環礁

1706_ghost_3.jpg画像は、「Smithsonian.com」より

 マーシャル諸島共和国に属し、太平洋のほぼ真ん中に位置するビキニ環礁。1946年7月には、米軍が“クロスロード作戦”と称する2度に及ぶ核実験を行い、多くの島民が避難を余儀なくされた。また米軍は1954年3月にも、第二次世界大戦中に広島に投下された核爆弾の1,000倍の威力があるといわれる爆弾を使用した水爆実験を行っており、爆発の影響で周囲3つの島は蒸発し広範囲に放射性物質が飛散することに…。1960年代後半には、米国がビキニ環礁における核の影響は消えたと公表し、多くの島民が帰国したが、10年後には放射能の影響による甲状腺の病気を患う島民が続出。調査の結果、高レベルの放射線量が検出されたため島民は再び島を後にした。

1706_ghost_4.jpg画像は、「RT」より

関連キーワード

コメント

1:匿名 2017年8月19日 15:02 | 返信

ゴーストタウンの行く末は
再び人が住み着いて活気がある町になるか
風化して自然に還るかの2つだろうな

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。