未だ解決されない“奇妙な未解決事件”5選! 消えたベンジャミン、エスター事件からヒトラーの姪まで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【未解決事件 完全紹介シリーズはコチラ】

 ミステリーは人間の知的好奇心を刺激し、我々の興味を惹きつけてやまない。しかし世の中には真相が解明されることなく、未解決のまま迷宮入りしてしまう奇妙な事件は多い。そこで今回は、いまだに語り継がれる世界の不気味な未解決ミステリーを5つ紹介しよう。


■ジュリア・ウォレス殺人事件

1707_mistery_1.jpg画像は、「the unredacted」より

 1931年、英国リヴァプールに住むジュリア・ウォレスが、自宅で惨殺された状態で発見された。夫であるウィリアムの証言によると、殺人が起きる前日に地元のチェスクラブを訪れた彼の下に、見知らぬ男性から、“ある場所”に来るようにという伝言があったと知らせが入る。翌日、ウィリアムは告げられた場所へ向かうも、住所は偽のものと発覚。1時間近く街をさまようも記された住所を発見できないまま、自宅に戻ったウィリアムだったが、目の前に撲殺され血まみれになった妻の姿が……。警察はウィリアムを殺人の容疑で逮捕するも、証拠不十分により釈放。残虐な同事件の犯人は、80年以上がたった今も見つかっていない。

1707_mistery_2.jpg画像は、「the unredacted」より
人気連載
【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

【漫画】男性の陰茎を「マラ(魔)」と呼ぶのは悟りの妨げになるから?「魔」の持つ本来の意味とは? 

ーー“魔女”になるためのデタラメな修行を重ねてきた漫画家・木...

人気連載
奇習! “処女の陰毛酒”を珍重した富裕層が西日本に存在! 抜き取った陰毛を酒に浸して「ぐいっ」と…!

奇習! “処女の陰毛酒”を珍重した富裕層が西日本に存在! 抜き取った陰毛を酒に浸して「ぐいっ」と…!

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】  世の中には実に変わ...

コメント

1:archscanty 2018年12月21日 17:05 | 返信

歴史の闇は深いね。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。