グーグルアースに米軍製の三角UFO「TR-3B」がハッキリ写り込む! 専門家「これは本物」→速攻削除、組織的隠蔽か?

グーグルアースに米軍製の三角UFO「TR-3B」がハッキリ写り込む! 専門家「これは本物」→速攻削除、組織的隠蔽か?の画像1Express」の記事より

 オーストラリアの大地に謎の三角形が刻まれていた。何らかの施設なのか、それとも未知の機体やガジェットなのか? そして一部からは、あの“TR-3B”ではないのかという声もあがっているが――。


■オーストラリアの大地に「TR-3B」が着陸!?

 アメリカ大陸の各地で目撃されている謎の三角形型の未確認飛行物体だが、一部からは「TR-3B」と名づけられ、いくつかの仮説が提示されている。

 米軍が進めてきた極秘計画「ブラック・プロジェクト」の中で開発された機体である三角形の戦略偵察機「オーロラ」でないかという説がまずひとつ。エイリアンが匿われているといわれる米空軍基地、通称“エリア51”でエイリアンの持つ技術を秘密裏に使って開発された航空機であるという説。さらには、エイリアンが操縦して宇宙から地球にやって来たUFOであるという説などが有力な候補として挙げられている。

 しかし、いずれにしろ、アメリカ大陸内の話題であったこのTR-3Bであるが、なんとオーストラリアにも出現していた痕跡があったのだ。

グーグルアースに米軍製の三角UFO「TR-3B」がハッキリ写り込む! 専門家「これは本物」→速攻削除、組織的隠蔽か?の画像2Express」の記事より

 場所はオーストラリア西部にあるバッジンガーッラ国立公園とウォンゴンデラー自然保護区に挟まれた自然溢れるエリアである。

 このエリアをグーグルアースでつぶさに検分してみたところ、風力発電の風車のようなものがまばらに立ち並ぶその一角の地表に、正三角形の痕跡が刻まれていたのだ。何らかの施設なのかそれとも「物体」なのかはグーグルアースの画像では判然としない。三角形の3つのコーナーとその内側には白い点がまるで光のように印されている。目撃されているTR-3Bのデザインに似ているのだが、果たしてこれは何なのか?

 UFO研究家のマイク・ゼロー氏は詳しい事情はわからないものの、この画像自体は本物であるとコメントしている。

「(TR-3Bが)オーストラリアで何をしているのか分かりませんが、私はこの画像が本物であると信じています。おそらく軍事用の航空機かあるいは別の惑星から来たものかもしれません」(マイク・ゼロー氏)

グーグルアースに米軍製の三角UFO「TR-3B」がハッキリ写り込む! 専門家「これは本物」→速攻削除、組織的隠蔽か?のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで